プロフィール

32c8d04468a49be15b4c5d72f36314fe

ろくでなし子 
As an artist, I focus on my own vagina as the motif for my art.
My work is against discriminative/ignorant treatment of the vagina
My artwork is shown on this blog.
My vagina was scanned by a 3D printer and was expanded to 2-meters size as the kayak which is titled ” まんぼーと(TheVagina Boat).”
I was able to row in a boat modeled after my own vagina.

I make art pieces with my vagina, which I would rather call Manko(MK).
I thought it was just funny to decorate my vagina and make into a diorama,
but I was very surprised to see how upset people get when they see my works or even hear me say the word Manko.
Even when a TV station asked me to be on their show, they wouldn’t dare let me say DECO-MAN because “MAN” is from the taboo word “Manko”.
Why did I start making these kind of art pieces?
It’s because I had never seen the vagina of others and I was too self-conscious of mine.
I did not know what a vagina should look like at the same time, so I thought mine was abnormal. Manko and vagina, have been such a taboo in Japanese society.
Penis, on the other hand, has been used in illustrations and has become a part of pop culture. But vagina has never been so cute.
Vagina has been thought to be obscene because its been overly hidden; although it is just a part of a woman’s body.
I wanted to make vagina more casual and pop. That’s how I came to make a vagina lampshade, a remote-controlled vagina car, vagina accessories, a vagina smartphone case, and so on.
I wrote a comic book of DECO-MAN (Bunka sha).

I also host workshops for women who want to make their own DECO-MAN.
I hold it regularly, once a month. I create a model of a woman’s vagina using a dental impression agent. To strengthen the model , gypsum is used, and the model is then decorated I take vagina with a dental impression agent and strengthen the model with gypsum and do the decorations. *I create it using a modeling agent that is kind to the body for each person individually in a private room. As for modelling it, customers need not to worry. Because customers paint with Vaseline and model it themselves, pubic hairs are not shaven. In the case of menstruation, a tampon is used. A person who I had difficulty dealing with was in menopause. It is all right if customers come without their own materials, but they are welcome to bring their own (decorations parts) if they want to do the decorations themselves.
The final product is shown on a photo album.
デコまんワークショップお問い合わせフォーム

ろくでなし子 :
漫画家。日本性器のアート協会会員。自らの女性器(まんこ)を型どりデコレーションした立体作品「デコまん」造形作家。
単行本『デコまん~アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』ぶんか社刊。
2012年6月米国シアトルのエロティック・アートフェスティバルに作品正式出品。
2012年9月銀座ヴァニラマニアにてデコまん展開催。
2012年12月週刊アサヒ芸能の流行語大賞に「デコまん」ノミネート。
2013年4月銀座ヴァニラ画廊のヴァニラ画廊大賞展にて女性器照明「シャンデビラ」展示。
2013年6月イギリスHuffingtonPost誌に活動が取り上げられる。
2013年9月まんこの3Dスキャンデータを使った世界初のマンボートを制作。(その制作費用はクラウドファンドを利用し
最終的に100マン円のボッ金が集まった)
2013年10月たまん川(多摩川)にて世界初の3Dマンボート試乗。
2013年11月オランダのメトロポリスTVに活動が取り上げられる。
2014年3月広島ホームテレビ「アグレッシブですけど、何か?」に出演。まんこがモザイク無しで公共の電波に流れる快挙を果たす。
2014年5月 新宿眼科画廊にて初の個展となる「まんことあそぼう!よいこの科学まん個展」開催。2ちゃんねるにもまとめができ、2週間の会期中は大盛況。まんこちゃんソフビなどのグッズが飛ぶように売れる。
2014年7月14日 わいせつ電磁記録頒布の疑いで逮捕。3Dデータをわいせつ物と認定するのは全国で初の事案となる。
2014年7月15日 ろくでなし子の即時釈放を求める署名活動が立ち上がる。翌16日には1万5000人の署名が集まる。
2014年7月15日 裁判官が準抗告を認め、釈放決定。
2014年7月18日 釈放。
ろくでなし子の即時釈放を求める署名は最終的に2万1000人以上の賛同が集まった。
2014年7月24日 外国人記者クラブにて会見。世界に「MANKO」を発信する快挙を果たす。
2014年10月5日 東京藝術大学シンポジウム に登壇。
「表現の規制と自由 —— ろくでなし子逮捕事件、そして、身体表現のポリティクス」シンポジウム
2014年10月18日より「週刊金曜日」にて逮捕拘留漫画の短期集中連載開始。

公式ホームページ https://6d745.com/
Twitter : @6d745

単行本「デコまん~アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由~」(ぶんか社)
作品アルバム

デコまんとは: 女性器を石膏に型どり、デコ電のようにデコレーションしたデコまん、ジオラマを載せたジオラまん、リモコンで動くリモまん、センサーに反応すると水が飛び出す噴水まんなどなど、女性器の概念をくつがえす、誰も見たことがないアホアート。

メディア掲載: 日刊ゲンダイ(2012年1月28日発売号)、スポニチ(「峰なゆかのエロの人」2012年2月日曜日4話連載)、週刊プレイボーイ(2012年4月NO.25号)日刊ゲンダイ(「エロの現場」7月5日発売号)、映画秘宝(「今月の漫ぶらぁ~推薦図書」2012年9月号)。ブブカ(「チカラ漫画レビュー」2012年9月号)週刊ポスト(2012年11月号)、週刊現代(2012年11月女性器特集号)、週刊プレイボーイ(2012年11月号)、週刊アサヒ芸能(2012年12月号袋とじ)webでは日刊スパ!、メンズサイゾーなど。

※シアトルエロティックアートフェスティバル2012年カタログPDFは、下記のアドレスがらご参照ください。

https://dl.dropbox.com/s/owp3dc8ntxev2gt/2012-Festival-Catalog-final-web.pdf (「お祭りやぐらまん」は20頁目にございます)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中