4月29日ドキュメント映画「がむしゃら」トークイベントのゲストに呼んでいただきました( ´ ▽ ` )ノ

現在公開中ドキュメント映画「がむしゃら」のトークイベントのゲストに呼んでいただきました。主演の安川惡斗さんのファンなので、とても嬉しいです(*^o^*)
場所: シアターイメージフォーラム
日時: 4月29日(祝日)
午前11時上映後トーク予定との事です。
「がむしゃら」公式サイト↓

http://www.maxam.jp/gamushara/

イントロダクション

生きるのって苦しい、でも楽しい。

「こいつ、プロレスやって大丈夫か?」「今まであんな人いなかった」「焦ってる」「根性だけはある」「二重人格」「キライです」――安川惡斗(あくと)に寄せられる仲間たちからの言葉。カメラは、“悪の女優魂”のキャッチフレーズでリングに上がる彼女の秘められた素顔に迫っていく。自身の言葉で赤裸々に語られていく中学時代のいじめ、レイプ、自殺未遂。人生を諦めかけていた時、1人の医師からの言葉が彼女を救い、東京で出会った演劇、そして女子プロレスが彼女を再生へと導く。そして、悪役(ヒール)レスラーとして活躍を始め、ようやく自分の居場所を見つけた彼女だったが、相次ぐケガにみまわれ、思いもよらぬ病にも襲われるー。
傷つき、何度となく倒れても歩みを止めない、“がむしゃら”に生きている彼女の姿と言葉の一つ一つは、未来に希望を持てず閉塞感を感じる人々に感動と勇気を与えてくれるだろう。

静岡新聞「時評」にて東大教授の木下直之先生がわたしの事件について書いてくださいました( ´ ▽ ` )ノ

”ろくでなし子というふざけた名前は、そんな犯罪者にいかにもふさわしいと思ったのだろう。うっかり逮捕し、後には引けなくなってしまったように思う。捕らえてみれば、名前とは裏腹に、真面目に真正面から「ワイセツって何ですか?」と問いかけてきたからだ。” 

東大教授 木下直之先生  静岡新聞「時評」2015年4月22日より
  

初公判報告シンポジウム「ワイセツって何ですか?」にて現代美術家・柴田英里さんとの対談動画が配信されています( ´ ▽ ` )ノ

週刊金曜日主催シンポジウム「ワイセツって何ですか?」にて、現代美術家・柴田英里さんとの対談動画
柴田英里さんが博識でお話がとても面白いので、是非観てください( ´ ▽ ` )ノ 

文字起こしされたものがコチラで読めます↓↓↓

logmi(ログミー)さんより

ろくでなし子氏「『バカバカしい』って言葉が一番うれしい」女性器アートの存在価値を主張
  

                  
    

 

4月15日初公判に関する海外メディアの反応まとめました( ´ ▽ ` )ノ

4月15日初公判に関する海外メディアの反応まとめました( ´ ▽ ` )ノ

ロイター発信動画
https://social.newsinc.com/media/json/69017/28896284/singleVideoOG.html?type=VideoPlayer%2FSingle&widgetId=2&trackingGroup=69017&videoId=28896284#.VTOSyGkWyqE.twitter

Vagina artist on trial for obscenity criticises Japan’s ‘backwards’ attitude to women’s sexual expression http://ind.pn/1JMl7eN
London Art News: Vulva Trial
http://coxsoft.blogspot.jp/2015/04/vulva-trial.html?m=1

Japanese Genital Art by Megumi Igarashi | Celebrities’ Jewelry
http://www.celebritiesjewelry.com/04/18/japanese-genital-art-by-megumi-igarashi/

3ders.org – 3D printing vagina artist Megumi Igarashi denies obscenity charges in Japanese court | 3D Printer News & 3D Printing News
http://www.3ders.org/articles/20150415-3d-printing-vagina-artist-megumi-igarashi-denies-obscenity-charges-in-japanese-court.html

Japanese artist who depicted vaginas fights for free speech – NY Daily News
http://m.nydailynews.com/life-style/japanese-artist-depicted-vaginas-fights-free-speech-article-1.2187453?cid=bitly

Åtalas för konstvaginor – Kultur | SVT.se
http://www.svt.se/kultur/konst/atalas-for-konstvaginor

Woman Who Made A 3D Printed Canoe From Her Vagina Faces Two Years In Jail http://www.brobible.com/life/article/megumi-igarashi-3d-printed-canoe-vagina-jail/

Japan vagina kayak artist Megumi Igarashi denies obscenity charges in court
http://artdaily.com/news/77917/Japan-vagina-kayak-artist-Megumi-Igarashi-denies-obscenity-charges-in-court#.VTOeS1ZdejG.twitter 

Ini Karya Seni Lain Megumi Igarashi yang Juga Mirip ‘Kelamin Wanita’ via http://tinyurl.com/lctdgpq

Arranca el juicio en Japón contra “la artista de la vagina” | Cultura | EL MUNDO http://www.elmundo.es/cultura/2015/04/15/552e25ce22601d28088b4579.html

…まだあるぽいので、追って更新します(^o^)/

台湾の新聞↓↓↓

  

4月28日、ろくでなし子×新津保建秀×岡瑞起「ろくでなし子と、新津保建秀と、MTMDF」 | B&B ( ´ ▽ ` )ノ

4月28日、ビールが飲める本屋さんでイベントします。

ろくでなし子×新津保建秀×岡瑞起「ろくでなし子と、新津保建秀と、MTMDF」 | B&B 「MTMDF」出版記念トークvol.5

http://bookandbeer.com/blog/event/20150428_bt/ #bookandbeer

チケットお申し込み先↓↓↓

http://peatix.com/event/85130

わたしがCAMPFIREにて3dまんこデータを用いてマンボートを作ったアートプロジェクトは、まんことITという、一見全く関係ないもの同士を組み合わせたらどうなるか?という好奇心が発端でした。

当初の本人の思惑をはるかに超え、わたしは逮捕されてしまいましたが、おかげで「MANKO」は世界中に拡散されました。
MTMDF プロジェクトとは、池上高志氏が提唱する「Massive Data Flow」という概念をベースに、その概念や池上の思考などを、各ジャンルの人々がそれぞれのスコープを通してみたときに、どのようにその考え方や概念が表現され、また情報として伝わっていくのか、などを実験的に進めているプロジェクトです。

常に実験的であることや、作者本人も予測がつかない変化をこそ楽しむわたしのまんこアートには、Massive Data Flowの概念と共通するものを感じます。
このプロジェクトのトークイベントに参加できることを楽しみにしています。

  

マンガ家・芸術家「ろくでなし子」初公判後の記者会見 ( ´ ▽ ` )ノ

こちらで記者会見の様子を視聴できます。

http://youtu.be/YTejyEOcVGk
弁護士ドットコムニュースさんより
意見陳述書全文↓
昨日の裁判では、検察が証拠品のデコまん3点をわざと傍聴人にみせないよう、底が深くて仕切り付きで(手作りの!)木箱のようなものを用意していて、つい笑ってしまいました。
中にあるのはチョコのお菓子に模したスイーツまんとかなのに、まるで放射能汚染物のような取り扱い…。
わたしを「悪者」に仕立てようと必死な検察は、橋田壽賀子ドラマに出てくる陰湿な姑のようです。
だけど嫌がらせをされればされるほど、わたしはより一層ファイトが湧きます。
オラ、負けない(^o^)/