2月19日(金)ジェンダーから見る美術史 ー美術史の中で女性はどのように扱われてきたか ー柴田英里さんのトークイベントに出演します( ´ ▽ ` )ノ

日本の今のモヤモヤする「フェミニズム」について語り合います。遊びに来てネー(^o^)/

【イベントタイトル】
ジェンダーから見る美術史 ー美術史の中で女性はどのように扱われてきたか
日時:2月19日(金) 19:30〜22:00(受付開始は19:00から)

会場 : 新宿眼科画廊地下イベントスペース
料金:2000円(当日、学生証の提示で200円キャッシュバック)
・お席はチケット購入順ではなく、当日ご来場になった方から順にご案内致します。
・イベント当日、学生証のご提示で200円のキャッシュバックをさせていただきます。
・開場は開演30分前の19:00からとなります。
・当日券は一般2500円、学生(学生証提示)2300円にて販売いたします。

【概要】
美術史の中で、女性はどのように描かれ、女性作家はどのような作品を作り、どのような扱いを受けてきたのでしょうか。描かれる女性、描く女性の歴史から、美術史の中で女性がどのように扱われてきたかを読み解きます。また、ゲストに美術史家のジェンダースタディーズに明るい山崎明子さんと現在絶賛裁判中のまんが家・アーティストのろくでなし子さんを迎え、ろくでなし子さんが2度逮捕された意味を、改めて考えていきます。

登壇者:柴田英里(美術家/文筆家)山崎明子(視覚文化論・美術史/奈良女子大学准教授)ろくでなし子(アーティスト・まんが家)

イベントHP:
http://mapa2016.tumblr.com
問い合わせ先:mapa.information@gmail.com

  

グループ展”Feminist Fan in Japan and Friends” にて、弁護団の論告要旨やわたしの主張など、裁判朗読パフォーマンス出演します( ´ ▽ ` )ノ

グループ展
Feminist Fan in Japan and Friends
 
会期: 2016年2月20日(土)〜2月26日(金)*ただし、22日、23日は除く
会場: 遊工房
http://www.youkobo.co.jp/access/
出展アート:Kate Just、岩間かすみ、香港のYu Shuk Pui Bobby、石井ことえ、明日少女隊、ろくでなし子
 
オープニングレセプション: 2/20 18:00~20:00
会期中に1日だけ、裁判で弁護団が朗読した論告要旨やわたしの主張など朗読パフォーマンス出演します( ´ ▽ ` )ノ
出演日程決まり次第ツイートします。
遊びに来てネ!   

 

本日2月3日午後17時頃、The WaterboysのMike Scottさんがろくでなし子のふわっちにゲスト出演してくださいます(^o^)/

なんと、今日は、The WaterboysのMike Scottさんがろくでなし子のふわっちにゲスト出演してくださいます!17時頃のふわっち配信をお楽しみに(^o^)/

インターネット配信サイト・ふわっち
https://whowatch.tv/#/mobile

  

次回ろくでなし子裁判は、2月1日、法廷425号で10時〜!傍聴できなかった人は裁判後の弁護団説明会に来てネ!裁判ポイントカードのスタンプを集めると、ろくでもない物もらえるヨ( ´ ▽ ` )ノ

次回ろくでなし子裁判は、
2月1日(月)、法廷425号で、10時〜!
傍聴できなかった人は裁判後の弁護団説明会に来てネ!
裁判ポイントカードのスタンプを集めると、ろくでもない物もらえるヨ♪
説明会会場
ハロー貸会議室虎ノ門(オープン11時半〜、14時半迄貸切予定)
http://www.hello-mr.net/detail/?obj=39

  

  

1月30日(土)18時〜せたがやボロじゆうくⅡ 再出発第1弾「ろくでなし子さん どうしてあなたは逮捕されたの?」~表現の自由はどこへ行く?直接話を聞いてみよう!~に出演します( ´ ▽ ` )ノ

トーク出演します
1月30日(土)18時〜
せたがやボロじゆうくⅡ 再出発第1弾
「ろくでなし子さん どうしてあなたは逮捕されたの?」~表現の自由はどこへ行く?直接話を聞いてみよう!~
Facebookページはコチラ  

  
ワイセツって何ですか?
私の体がワイセツ?!
どうして2度も逮捕されなきゃいけないの?
女性器の3Dデータを配布したとして逮捕された芸術家・ろくでなし子氏をゲストに迎え、その真相と心中を語っていただきます。聞き手として大学生のアートユニット「ぽてち」が参戦。若者を交えて赤裸々に過激に、わいわい議論いたしましょう。ボロじゆうくⅡ再出発記念企画は「表現の自由」についてとことん語る。YESもNOも思いのまま。自由な言論空間へようこそ!

日 時 : 2016年 1月30日(土)
講 演   18:00~19:30
シンポジオン(饗宴・討論)19:30~21:00
会 場 : 世田谷ボランティアセンター(三軒茶屋駅から徒歩10分)世田谷区下馬2-20-14
資料代 :大人1.000円 学生500円(1杯程度の懇親会費も含む)
主 催 : せたがやボロじゆうくⅡ
協 力 : リベラル日本研究会 / ぽてち
講 師 : ろくでなし子氏 ろくでなし子裁判被告
連絡先 : 2016jiyuku@gmail.com

◆ろくでなし子氏プロフィール(1972年3月14日 – )

日本の漫画家、芸術家。自らの女性器を型どりデコレーションしたアート作品「デコまん」を作り、注目を集める。2014年7月「わいせつ電磁的記録頒布罪」の疑いで逮捕される。7月15日、支持者が即時釈放を求め1万5000人の署名を達成。7月18日 釈放。10月東京藝術大学シンポジウム に登壇。「週刊金曜日」にて逮捕拘留漫画の短期集中連載開始。12月3日、わいせつ物公然陳列の疑いで再逮捕されるが、保釈金150万円で保釈される。

◆~せたがやボロじゆうくⅡの出発にあたって~
ボロ塾とは1990年代に教員のイナセンこと稲野茂正と児童館職員だったヒゲこと澤畑勉、そして現在は世田谷区長を務める当時教育ジャーナリストの保坂展人の3人によって始められた自由な言論空間である。「エイズ問題」から「学校のいじめ問題」まで、取り組んだテーマは多岐にわたる。時に議論沸騰し、夜明けにまでわたることも。稲野は去年の安保法制の議論や市民運動の覚醒を通して、またこれを復活すべきだと思った。今こそ固定的でない自由な面白い言論空間を作るべく、ヒゲとともに再出発をよびかける。新たな出発にあたり呼びかけ人にリベラル日本研究会主宰の梁田貴之を加えた。

産経デジタルironna独占手記「ぱよぱよちーん」騒動の全真相『ろくでなし子』

新潟日報上越支社の坂本報道部長による高島章弁護士へのTwitterでの誹謗中傷事件について、ご意見をお願いします」

産経デジタル担当編集Kさんからこのような依頼を受けたのは、わたしも最近、しばき隊(通称レイシストをしばき隊)の一派の方々からTwitter上で誹謗中傷の集中攻撃を受けていたからだと思います。  

「闇のキャンディーズ」という匿名で、新潟水俣病第3次訴訟の弁護団長を務める高島章弁護士を「はよ弁護士の仕事辞めろ」「うるせー、このハゲ!」などと罵っていた人が新潟日報の社員であり、しかも報道部長という管理職の方だったことに、わたしは少なからず衝撃を受けました。まだ入社したての若者ならともかく、それなりに年齢を重ね、部下を指導する立場でもある人が、まるで小学生のいじめのように大はしゃぎしていた……この国は本当に大丈夫なのかと、「ろくでなし子」と名乗るわたしでさえ、愕然としました。

この件について、既に報道されている坂本記者の弁によれば、「お酒を飲んでいたから」とのことでしたが、「匿名」という隠れ蓑に甘え、日頃のストレスを文句を言えそうな相手にひたすら撒き散らす行為に、報道人としての倫理観うんぬんよりも、大人としてどうなのかという疑念は尽きません。

実はこの事件から1週間ほど前のことですが、わたしも高島弁護士と同じような状況になりました。
事の起こりは、「はすみとしこ」さんという民族差別主義的なイラストを描く漫画家に対し、はすみさんのFacebook投稿に「いいね!」を付けたおよそ300人の個ちん情報(個人情報)を集めてリスト化したものを、「闇のあざらし隊」という匿名で活動していたしばき隊関係者とみられるKという人物が作成し、はすみさんの創作活動を妨げようとしたことでした。

わたしは、そのリストを作ったことで得意気になっているK氏の投稿を、どなたかのタイムラインで目にし、いくら「レイシズム」が憎いからといってもその人や賛同者に対し「個人情報を晒すぞ!」と脅す行為は「なにかがおかしい」と感じていました。

その後、K氏がとあるITのセキュリティ会社の幹部社員だったことを逆に暴かれ、その会社が販売しているソフトに対するamazon評価が大荒れし、一企業の信頼性にまで話が発展。K氏はその責任をとって退職に追い込まれたとか…。
さらに、晒し上げに執念をかけた人達が、K氏の過去のTwitterをさかのぼり、K氏がある女性に「ぱよぱよち~ん」とハートの絵文字付きで投げかけていた投稿をおもしろおかしく取り上げ、「ぱよちん音頭」なるものまで編み出し、お祭り騒ぎとなっていました。
わたしはK氏が気の毒な反面、自業自得でもあることと、パッと見が強面の印象のK氏が「ぱよぱよち~ん」と過去につぶやいていた事実に、おもわずクスリとしてしまいました。

ぱよぱよち~ん♪

なんて間抜けで愉快なフレーズでしょう。口にした途端、誰もが脱力感とほっこりとした楽しい気分にとらわれるはず。 

  
そこで、わたしはおもわず自分のTwitter上でも「ぱよちん音頭でぱよぱよち~ん♪」と無邪気につぶやいてしまいました。わたしのフォロワーさんもこの間抜けなフレーズに反応し、一緒になってぱよぱよちんちんつぶやいていたところ、突然、しばき隊関係者かその一派であろう人たちから「その言葉を使うな!」「削除しろ!」とものすごい剣幕でわたしを威嚇するリプライをしてきました。
 続きはこちらをクリック