7月7日(火)「ワイセツとアート」東京芸術大学の毛利喜孝先生と恵比寿NADiffでトークします( ´ ▽ ` )ノ

『5: Designing Media Ecology』記念イベントの第一夜に呼んでいただきました。
七夕の夜にまんこアートなひとときを(^o^)/

日時: 7月7日(火)20時〜21時半
会場: 恵比寿NADiff 
東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F TEL. 03-3446-4977 FAX. 03-3446-4978
出演: 毛利喜孝先生 / ろくでなし子

告知ページ↓
http://www.nadiff.com/fair_event/politics_of_creativity.html

7月12日(日)ろくでなし子×市原えつこ「怒り過ぎの世知辛い世の中でも楽しく自由に表現するには。」 『私の体がワイセツ?!』(筑摩書房)刊行記念 | B&B( ´ ▽ ` )ノ

7月12日(日)ろくでなし子×市原えつこ「怒り過ぎの世知辛い世の中でも楽しく自由に表現するには。」 『私の体がワイセツ?!』(筑摩書房)刊行記念 | B&B
この日は奇しくも逮捕一周年記念日です!

言いたいことを気軽につぶやいただけで「炎上」してしまう息苦しい世の中。ネット社会の今、炎上は有名無名に限らず誰にでも起きることで、起きてしまった時の対処法や心のケアを学んでおくに越したことはありません。

また炎上はマイナスの側面でしか語られませんが、「嫌われる」ことはそれだけ人々の心に突き刺さった証であり、表現者にとってはむしろ喜ぶべき事象でもあります。
あの逮捕からちょうど1年、「国から起訴されるという最大の炎上」に現在も闘い続けるろくでなし子が、エロとテクノロジーを結合した作品で炎上した市原えつこと共に、アーティストにとって大事な「批判や規制に負けない力」「嫌われる勇気」について語ります。

よろしくお願いいたします。

http://bookandbeer.com/blog/event/20150712_bt/

  
  

楽しく闘うアーティスト「ろくでなし子」クリエイターズインタビュー/NeoL( ´ ▽ ` )ノ

売られた喧嘩は買う女「ろくでなし子」。
逮捕すら漫画のネタにしてしまう彼女の強さはどこからくるのだろうか?法廷での裁判をプロジェクトアートとも例える彼女の“現在”を赤裸々に語ってもらった。

動画はコチラ↓

楽しく闘うアーティスト「ろくでなし子」クリエイターズインタビュー/NeoL

  

MUSICMAGAZINE7月号の書評コーナーにて、鶴見済先生に単行本「ワイセツって何ですか⁉︎」を取り上げていただきました( ´ ▽ ` )ノ

MUSICMAGAZINE7月号の書評コーナーにて、鶴見済先生に単行本「ワイセツって何ですか⁉︎」を取り上げていただきました。

鶴見先生といえば「完全自殺マニュアル」、面白くて夢中で読んだなー(^o^)

   
 

美術手帖7月号の書評コーナーに単行本「ワイセツって何ですか!?」を取り上げていただきました( ´ ▽ ` )ノ

美術手帖7月号の書評コーナーに単行本「ワイセツって何ですか!?」を取り上げていただきました( ´ ▽ ` )ノ

テーマは河鍋暁斎。この先生も、風刺画書いて逮捕されてるわたしのパイセン\(^o^)/ 

  

 

6月26日18時半〜、週刊金曜日編集長平井康嗣氏とトークします。”海外のMANKO、反応はこんなに違う”( ´ ▽ ` )ノ

イベントタイトル「金曜日文庫」第4回 ”ワイセツって何ですか!?海外のMANKO、反応はこんなに違う”

日時 : 6月26日金曜日、18時半〜20時

会場 : 寺島文庫(東京都千代田区九段北1-9-17 寺島文庫ビル1階) 地下鉄九段下駅(5番出口)徒歩3分

登壇者 : ろくでなし子、平井康嗣氏(週刊金曜日編集長)

参加費 : 2000円(飲み物、軽食代込み)、要お申し込み、先着30人

book@kinyobi.co.jpまたはFAX 03-3221-8522  

※申し込み件名に必ず「金曜日文庫4回目申し込み」とご明記ください。

http://www.kinyobi.co.jp/event/event_index.php

indiegogo ‘Gender, Genitor, Genitalia – Rokudenashiko Tribute’ろくでなし子事件にインスパイアされた香港のアート展示企画のクラウドファンドが立ち上がりました( ´ ▽ ` )ノ

    Our goal is to realize an exhibition ‘Gender, Genitor, Genitalia – Rokudenashiko Tribute’, the exhibition that was inspired by the incident of Rokudenashiko, who was arrested by her art works and now in the trial.

https://www.indiegogo.com/projects/gender-genitor-genitalia-rokudenashiko-tribute#/

https://vimeo.com/129858002

Firstly, we think it is important to let people know what is happening in Japan. Not only with Rokudenshiko, but also those LGBT artists in Japan who have been warned or arrested under the Obscenity Laws in the past three years. People in Hong Kong are aware of freedom of artistic expression and we believe that it is significant to realize this project in Hong Kong, a hub in Asia and also a location that is highly aware of, even threatened by, authoritarian politics. 
Secondly, relating to Rokudenashiko’s incident, we will try to examine feminism in art and digital obscenity in this exhibition, within the context of the Hong Kong and Japanese experience. Through the works of art in this exhibition, and information provided about the Rokudenashiko case, we will be rethinking issues around feminism and genitalia in a cultural and political context. 
Additionally, hold a feminist exhibition featuring relatively young artists in Asia is important as not many shows have had this focus. 
Overall, we attempt to 1: revisit feminist art and works that directly refer to genitalia, 2: raise the issue of censorship through the case of Rokudenashiko, and 3: support Megumi Igarashi (the artist known as Rokudenashiko), who was arrested for creating artwork representing her vagina, and distributing 3D data of her vagina on the internet. 
We support Rokudenashiko by exhibiting her works and selling her ‘Sof Vi Manko Chan’ character, and donating the proceeds to the cost of her trial.

Title: Gender, Genitor, Genitalia –Rokudenashiko Tribute

Date: 29th August 2015 to 20th September 2015
Venue: Woofer Ten 活化廳
404, Shanghai Street, Yau Ma Tei, Kowloon, Hong Kong

Participating Artists:
Makoto Aida 会田誠
Michael Leung 梁志剛 
Phoebe Man 文晶瑩
Lam Hoi Sin 林愷倩
Sputniko! スプツニ子!
ROBOT (John Miller and Takuji Kogo)
Rokudenashiko ろくでなし子
Ryoko Suzuki 鈴木涼子
Chan Mei Tung 陳美彤
K Y Wong 黃嘉瀛

ろくでなし子事件にインスパイアされた香港のアート展示企画のクラウドファンドが立ち上がりました。
実現されたら、香港の Woofer Ten (活化廳)にて、会田誠さんやスプツニ子!さん等の作品や、わたしの作品も展示予定です。
クラウドファンド用の動画もシュール。
https://vimeo.com/129858002
是非よろしくお願いいたします。