日本劇作家協会さんがわたしの逮捕勾留への抗議声明を発表して下さいました

一般社団法人 日本劇作家協会さんがわたしの逮捕勾留への抗議声明を発表して下さいました

http://www.jpwa.org/main/statement/appeal20150119

「ろくでなし子さんの逮捕、起訴に対する抗議声明」

 わたしたちは、ろくでなし子さんの二度にわたる逮捕、勾留、起訴について、これを不当として、抗議します。

 わたしたちは、同じ表現者の立場から、今回の件に関して、警察権力の手法に深い危惧の念を抱いています。みずからの身体と性について、女性自身が主体的に表現できる場を創造してきたろくでなし子さんが、二度にわたって逮捕、勾留される必要はなかったと考えるからです。
 警察権力の恣意的な判断に基づいて、ひとつの表現が「わいせつ」であるとされて、逮捕、勾留、起訴に至り、そのために、ひとりの表現者が、その生活や表現活動に重大な傷を負わされることは、自由にものを創造し、発言する、すべての表現者に対する弾圧に他なりません。
「表現の自由」を根本におく憲法と民主主義のもとで、あってはならないことです。
 芸術性など性的刺激を緩和させる要素を勘案し、表現全体の評価を重視した最高裁の最近の基準に照らしても、本件は大いに疑問です。

 わたしたちは、ろくでなし子さんの表現活動が、これ以上不当に妨害されることのないよう求め、この度の警察による行為に対して、強く抗議を表明します。

2015年1月19日 
 
一般社団法人 日本劇作家協会さんより

国際美術評論家連盟日本支部有志の皆さまが わたしの逮捕・起訴に対し抗議文を送付して下さいました

国際美術評論家連盟日本支部有志、ろくでなし子氏の逮捕・起訴に対し抗議文を送付
http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/45039/
昨年7月および12月に芸術家のろくでなし子氏(本名:五十嵐恵氏)が逮捕された一連の事件に関し、国際美術評論家連盟日本支部の会員有志が警視庁および東京地検宛に抗議文を送付した。

「ろくでなし子氏に対する不当逮捕と起訴に対する説明と起訴撤回の要求」

芸術家のろくでなし子氏(五十嵐恵氏)に対する、2014年7月12日および同年12月3日における不当な逮捕、同年12月24日における起訴に対して、強く抗議します。ろくでなし子氏の作品は、公序良俗を乱すものでは全くなく、自らの性器を主題に用いて、日本を含む現代社会にいまだ広く存在し続ける性差にかかわる権力関係を、女性としての立場から明らかにし、硬直化した価値観の体系の再検証を促すという、真摯な批判的意図に基づいた作品であることは明らかです。そのような芸術表現に対する公権力の介入は、民主主義の根幹を支える「表現の自由」の権利を著しく侵害するものであります。ゆえに我々は、ろくでなし子氏に対する、不当な逮捕に至った論理的かつ詳細な説明と、不当な起訴の撤回を強く求めます。
国際美術評論家連盟日本支部 会員有志
遠藤水城、岡﨑乾二郎、笠原美智子、加治屋健司、加須屋明子、倉石信乃、暮沢剛巳、小勝禮子、坂本満、沢山遼、椹木野衣、住友文彦、土屋誠一、成相肇、林道郎、福住廉、松井みどり、松浦寿夫、山本和弘

(アートアニュアルオンラインさんより)