My book in English WHAT IS OBSCENITY? Published 10 May (US/Canada), 26 May (UK). Pre-order here 

amazon↓
http://www.amazon.com/dp/192766831X/ref=cm_sw_r_tw_awdm_9GAgxb12RPP5B

 “Rokudenashiko is a one-woman revolution. Her brilliance is profane yet innocent, which is a sign of true genius. I’m moved and laughing and crying and angry and overjoyed by her work. Her greatness is overwhelming and right on time.” — Margaret Cho 
“This effortlessly sincere graphic novel is soon to be a classic. Rokudenashiko’s story is one of frustration and a great reminder of the work that still needs to be done. It will remain an important part of the international feminist dialogue until the end of time.” JD Samson 
“Rokudenashiko is so brave! Her work shows how powerful humor and cuteness can be to affect social change. MANKO FOREVER!” — Jillian Tamaki 
“Rokudenashiko’s brave and adorable vagina-inspired Manko art has the power to terrify grown men, fight for artistic freedom, and make feminists everywhere proud.” — Jennifer Camper 
“This book is a manga essay written from the epicenter of the controversy, by the artist Rokudenashiko (…) and in a full-frontal tone the artist asks the world, ‘what is obscenity?’ This book is crucial to understanding who exactly Rokudenashiko is, before getting consumed in “arguing for the sake of arguing” about her so-called crimes.” — Bijutsu Techo, Art Handbook 
“This is actually a feel-good memoir. It’s also crucial reading for understanding the problems with the obscure methods of the Japanese police’s handling of suspects, and while that makes the book sound plenty stiff, the author’s sense of humor make this an outrageously fun read. Setting aside the main gist of the book, the author’s piquant tone and “do what you have to, to do you!” attitude is sure to motivate many readers.” — MUSIC MAGAZINE 
“Rokudenashiko’s works pose a very good opportunity to rethink the way this country has dealt with the idea of gender and how it defines obscenity.” — Shukan Jitsuwa, First-Hand Accounts Weekly 

Product Description

A graphic memoir of a good-for-nothing Japanese artist who has been jailed twice for so-called acts of obscenity and the distribution of pornographic materials yet continues to champion the art of pussy. In a society where one can be censored, pixelated, and punished, Rokudenashiko asks what makes pussy so problematic?
Rokudenashiko (“good-for-nothing girl”) is a Japanese artist. She is known for her series of decorated vulva moulds, or “Decoman,” a portmanteau of decorated and manko, slang for vagina. Distributing a 3D scan of her genitalia to crowdfunding supporters led to her arrest for alleged violation of Japanese obscenity laws.

About the Author

Rokudenashiko (“good-for-nothing girl” or “bad girl”) is a Japanese sculptor and mangaka. She is known for her series of decorated vulva moulds, or “Deco-man,” a portmanteau of “decorated” and ” manko,” which is Japanese slang for vagina. The moulds have taken the shape of dioramas, kawaii characters and a kayak based on a 3D scan of her genitalia, which she dubbed the “pussy boat.” Distributing the 3D scan to crowdfunding supporters led to her arrest in 2014 for alleged violation of Japanese obscenity laws. Her work is noted for challenging Japanese perceptions of female sexuality through taboo skewering humour and wit.

かなまら祭りに行ってきました( ´ ▽ ` )ノ

スイスの映画監督バーバラ・ミラーさんが撮る世界の闘う女性達をテーマにしたドキュメンタリー映画にわたしも取り上げてもらう事になり、その撮影で今日はかなまら祭りに行ってきました。

わたしの事件は海外のメディアから、かなまら祭りとよく比較されます。

意外かもしれませんが、参拝するのは初めてです。

巨大なちん棒の張りぼてを見るためだけにこんなにもたくさんの人が集まるのがすごくふしぎでした。

これがもしまんこだったら、いくら御神体と言っても非難を浴びて潰されるだろうけど、ちんこだと誰もが微笑んだりゲラゲラ面白がれることにもふしぎでした。
同じ人間の性器なのに…。

わたしには有名な”エリザベス”よりも、
「あなたは、なぜ、ここに来たのですか?
あなたは、どこから 生まれてきたのでしょう?
考えてみてください」
と問いかけるおじさんの館内放送が印象深かったです。
ちんこを見てただ笑うだけでなく、なぜ私たちがこうして存在するのか、考えてごらんよ…。

ちんこのキャンディーばかり売れてまんこのキャンディーがそんなに売れてないっぽいのも、すこし悲しかったです。
どうにもこうにも、まんこにはポップさが足りない。
いつかここでわたしのキャラクターのまんこちゃんキャンディーを出店したい。
まんこちゃんはかわいいから売れるはずだ。

幸運にも、メディアや関係者が入れるお二階のベランダに入れてもらえたので、皇室の人みたいに手をふってみたヨ!

   
    
    
    
    
    
 

What is Obscenity: The True Story of a Good For Nothing and Her Pussy (Coming in May from Koyama Press).4月に北米で発売予定の英訳版「ワイセツって何ですか?」発売記念インタビュー記事が載ってます( ´ ▽ ` )ノ

英訳版「ワイセツって何ですか?」発売記念インタビュー(マッシブ社)↓↓↓
http://massive-goods.tumblr.com/post/141041715987/all-this-fuss-over-pussy

   
 

MASSIVE has produced the FREE MANKO T-shirt, the entirety of whose proceeds (after cost) will go toward Rokudenashiko’s legal and tour fund. 

FREE MANKO!
http://massive-goods.com/shop/free-manko/

MASSIVE has produced the FREE MANKO T-shirt, the entirety of whose proceeds (after cost) will go toward Rokudenashiko’s legal and tour fund. Rokudenashiko is an artist and the author of What is Obscenity: The Story of a Good For Nothing Artist and Her Pussy (forthcoming from Koyama Press and currently available for pre-order!), a graphic novel memoir of her time in jail after a wrongful arrest on charges of distribution of obscenity due to her brazen attempts to de-stigmatize the female body and outspoken views on freedom of speech.

   
 

3月6日「こわれ者の祭典・東京公演」〜生きづらさの中で、かっこ悪くつながろう!〜 にゲスト出演いたします( ´ ▽ ` )ノ

「こわれ者の祭典・東京公演」〜生きづらさの中で、かっこ悪くつながろう!〜
【日時】3月6日
OPEN 13:00 / START 13:30
予約¥1500 / 当日¥2000(飲食代別)
【会場】ロフトプラスワン
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/41154

【出演】
佑天寺うらん(KAIENTAI DOJO所属プロレスラー:バンビ)、香山リカ(精神科医)、タダフジカ(ギタリスト)、ろくでなし子(アーティスト・まんが家)
成宮アイコ(社会不安障害)・月乃光司(アルコール依存症)・Kacco(摂食障害)

アルコール依存症自慢・社会不安障害自慢・摂食障害自慢・うつ病自慢・リストカット自慢・・・・。生きることに障害があるものが、自分の「生きづらさ」を自慢しあい露出しあう事により、「生きやすさ」につなげていく、生きるヒントの分かち合いの祭典。心身障害者のパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」。笑いと涙と共感のトークとパフォーマンス!
「病気だョ!全員集合」
「生きづらい人間集結!」
こわれ者の祭典ホームページ
http://koware.moo.jp/wp/ 

  

2月19日(金)ジェンダーから見る美術史 ー美術史の中で女性はどのように扱われてきたか ー柴田英里さんのトークイベントに出演します( ´ ▽ ` )ノ

日本の今のモヤモヤする「フェミニズム」について語り合います。遊びに来てネー(^o^)/

【イベントタイトル】
ジェンダーから見る美術史 ー美術史の中で女性はどのように扱われてきたか
日時:2月19日(金) 19:30〜22:00(受付開始は19:00から)

会場 : 新宿眼科画廊地下イベントスペース
料金:2000円(当日、学生証の提示で200円キャッシュバック)
・お席はチケット購入順ではなく、当日ご来場になった方から順にご案内致します。
・イベント当日、学生証のご提示で200円のキャッシュバックをさせていただきます。
・開場は開演30分前の19:00からとなります。
・当日券は一般2500円、学生(学生証提示)2300円にて販売いたします。

【概要】
美術史の中で、女性はどのように描かれ、女性作家はどのような作品を作り、どのような扱いを受けてきたのでしょうか。描かれる女性、描く女性の歴史から、美術史の中で女性がどのように扱われてきたかを読み解きます。また、ゲストに美術史家のジェンダースタディーズに明るい山崎明子さんと現在絶賛裁判中のまんが家・アーティストのろくでなし子さんを迎え、ろくでなし子さんが2度逮捕された意味を、改めて考えていきます。

登壇者:柴田英里(美術家/文筆家)山崎明子(視覚文化論・美術史/奈良女子大学准教授)ろくでなし子(アーティスト・まんが家)

イベントHP:
http://mapa2016.tumblr.com
問い合わせ先:mapa.information@gmail.com

  

グループ展”Feminist Fan in Japan and Friends” にて、弁護団の論告要旨やわたしの主張など、裁判朗読パフォーマンス出演します( ´ ▽ ` )ノ

グループ展
Feminist Fan in Japan and Friends
 
会期: 2016年2月20日(土)〜2月26日(金)
会場: 遊工房
http://www.youkobo.co.jp/access/
出展アート:Kate Just、岩間かすみ、香港のYu Shuk Pui Bobby、石井ことえ、明日少女隊、ろくでなし子
 
オープニングレセプション:
20日(土)18:00~20:00
24日(水)17時頃より、裁判で弁護団が朗読した論告要旨やわたしの主張など朗読パフォーマンス出演します( ´ ▽ ` )ノ
出演日程決まり次第ツイートします。
遊びに来てネ!   

 

本日2月3日午後17時頃、The WaterboysのMike Scottさんがろくでなし子のふわっちにゲスト出演してくださいます(^o^)/

なんと、今日は、The WaterboysのMike Scottさんがろくでなし子のふわっちにゲスト出演してくださいます!17時頃のふわっち配信をお楽しみに(^o^)/

インターネット配信サイト・ふわっち
https://whowatch.tv/#/mobile

  

次回ろくでなし子裁判は、2月1日、法廷425号で10時〜!傍聴できなかった人は裁判後の弁護団説明会に来てネ!裁判ポイントカードのスタンプを集めると、ろくでもない物もらえるヨ( ´ ▽ ` )ノ

次回ろくでなし子裁判は、
2月1日(月)、法廷425号で、10時〜!
傍聴できなかった人は裁判後の弁護団説明会に来てネ!
裁判ポイントカードのスタンプを集めると、ろくでもない物もらえるヨ♪
説明会会場
ハロー貸会議室虎ノ門(オープン11時半〜、14時半迄貸切予定)
http://www.hello-mr.net/detail/?obj=39