カテゴリー別アーカイブ: フェミニズム

FAQ regarding Rokudenashiko’s art activity

Q : Can you introduce yourself ?

A : I am a feminist, a cartoonist, and an artist. My art name is Rokudenashiko. I create arts using my Manko( Japanese slang for ‘Vagina’) as a motif. I made some molds in the shape of my Manko and decorated them in a sweet and glittering way. I also put some diorama dolls on them. I made a kayak measuring about 2 meters based on a 3D scan of my Manko.

Recently, I have been 3d modeling and making toys using my 3D Manko data.

Q : Why are you interested in the vagina?

A : At first I had been drawing cartoons about the story of my sexual experiences. One day, I noticed that there are many cartoonists who draw their sexual experiences but no woman in Japan who drew the topic of their sexual organs(Manko). So I decided to be the first Manko cartoonist. Though I found some feminist artworks using Manko as a motif, they looked sad, gloomy, and severe because they seemed to want to convey the idea that being woman is painful.

Q : What is the political message?

A : It was just an idea and did not have any political massage at that time. So I call myself ‘ Rokudenashiko’ ( Rokudenashi means ‘talk nonsense’ or ‘ completely useless person’).

Q : Why is it important?

A :  I felt very weird  when I got huge online slander by the people who saw the photos of my Manko art decorated glitteringly or with diorama dolls. Those art works looked very funny, but many people thought them obscene because they were made from my Manko. They did not properly consider the meaning of my work but were scared and angry with the concept of Manko. Then I suddenly noticed that people, especially women, were strictly culturally prohibited from saying ‘ Manko’ in public despite there being no reason or legal penalty in Japan. However, If women can not say the name of our sexual organs, it is difficult for us to talk about our sex problems, venereal disease, birth control, asking their partners to wear a condom etc…. It is ridiculous!!!

Q : Why  do we celebrate penis and not vagina in Japan?

A : In ancient Japan people respected the human body, sex and sexual organs because these symbolized the birth of life, harvest, and fertility. Even today, there is a famous festival in which people carry a big penis object which symbolized harvest on their shoulder in Kawasaki. However, so- called obscenity has been severely cracked down upon the Meiji period during which the government has opened the country to the world and adapted to Western culture influenced by Christianity, think that sexual desire, obscenity, pornography, and so on are bad and shameful in general. Not only sexual violence is forbidden, but also showing the naked body and sexual organs in public. And among those people consider the vagina to be the most obscene.

Q ; Why is female sex considered obscene?

A : In the histories of almost all countries, men have dominated women. Women did not have the rights of initiative and freedom. 

Q : Are Japanese women ashamed of their sexuality ? Why?

A : Most Japanese women have been brainwashed by their parents since they were children to think that their body, especially their vagina, is obscene. Boys are allowed to talk about the penis easily, even in public, but girls are not allowed. Parents forbid their daughter to talk about and touch her vagina without giving reason. I think it leads women to think that our sexual organs are shameful and dirty.

Q : Why isn’t your art appreciated?

A : Because my art uses the vagina as a motif, people who are prejudiced against sexual expression may dislike and be offended by my art even if they are art critics or professors. Moreover, some feminists and sociologists hate my art because the images are funny and laughable, not authoritative at all. They think that feminism art should convey the idea that being a woman is painful.

Q : Why have you been arrested?

A : I started a crowdfunding campaign when I made a kayak measuring about 2 meters based on a 3D scan of my Manko. Then I sent my 3D Manko data via online storage services to the patrons as a reward( for funding me). It came to the police’s attention and I was arrested twice for obscenity in 2014. The first time I was released from jail 7days later. I drew a cartoon about my experience of being arrested and in my illustrations and story I teased the police so they caught me again. Then I was prosecuted on the charge of obscenity for making my Manko- decorated arts and sending my 3D Manko data online. The trial lasted several years, and finally in the Supreme Court in July 2021 I was found not guilty for my decorated art – it was judged not obscene – but guilty of sending obscene data. I had to pay a fine of four hundred thousand  yen ( 3700 US dollars ).

Q : How did you feel?

A : I got angry and started to fight against the police in earnest because of how ridiculous it was that they arrested me. I asserted the rights of FREE MANKO with all my energy. It was tough for me to be robbed of my freedom for 30 day’s detention. And Why should I be found and have to pay a fine?  However, the news of my case spread around the world, and a wonderful musician who lives in Dublin became interested in my story. He became my husband and we were blessed with a lovely son. So now I appreciate the Japanese police who have been like an online dating web site for us and made us happy!

多様性や反差別を呪文のように唱えながら、単一で全体主義的な社会を望み、違う考えの人を排斥する人達に思うこと。

史上稀に見る、アメリカの大統領選挙の激戦が終わり、バイデンさんが当確しました。わたしもこの数日、テレビやtwitterの情報に釘付けで、結果には疑問が残るものの、ひとまず区切りが着いたのは良かったと思います。

疑問が残ると言うのは、トランプさんがリードしていた激戦区の投票所で、夜中になるとなぜか一気にバイデンさんの票が上がる不自然さについて、CNN系のニュースではデマだとして検証もされず、その様な事を告発する動画やトランプさんのツイートにも検閲がかけられた事です。

これがもし、トランプ側がリードしていたら、メディアは執拗に追求した事でしょう。

「トランプは悪人だから不正をしているはずだ」と言うバイアスがかかり過ぎているにしても、不正疑惑が出た時点で公正な選挙であるかどうかを問うのは民主主義に置いて大前提のはずだとわたしは思うのですが、その疑問をTwitterで言うだけでも、「お前はトランプ支持者か!」と決めつける人や、やけに攻撃的なリプライが飛んで来るのも不思議でした。彼らは一様に「差別は良くない、多様性が大事」と呪文のように唱えながら、違う意見であるトランプさんやトランプ支持者や、少しでもそう見える人を馬鹿にし、攻撃し、排斥しようとしているのです。

前置きが長くなりましたが、このわたしの疑問を不信に変える決定的な出来事がありました。

先月、ドイツの某フェミニスト系ポッドキャストから、慰安婦像の問題について、日本のフェミニストとして意見を聞かせて欲しいと言う取材を受けました。インタビュアーは日本とドイツのミクスドレイスの方で、日本語はペラペラで問題はなかったのですが、取材時の音声を取り損ねたとの事で、後日、再度取り直しさせてくれと言われ、時間も取られました。また、何かあった時の為にわたしの声をスマホで録音し、その音声データも送ってくれと、手間のかかる事まで要求されましたが、大事なテーマの取材ですし、謝礼もありませんでしたが、わたしは最後まで好意的に受けました。

しかしその数日後、突然、取材の話は無かった事にして欲しいと言うメールが届いたのです。

驚いて理由を尋ねたところ、その人が、わたしのtwitterを見たところ、「アンチトランプではなく、BLMを支持していないから」との事でした。

わたしは、トランプ支持だと主張したことは一切ありません。確かに、番長としてはなんか面白い存在ですが、問題は沢山あると思っています。しかし、メディアはトランプを異常に嫌悪するばかりで、トランプが中東和平を仲介し、この数年戦争をしなかったことや、コロナ前には黒人ヒスパニックの失業率を下げたこと等、良い政策もあったのをあまり取り上げないので、疑問を呈していただけです。つまり、わたしはトランプ支持だろうがアンチだろうが、「公平である事」をずっと主張しているのです。ただそれだけでも「トランプ支持者」とされる事に、大変驚きました。

BLM運動については、リーダー達の急進的なマルクス主義と略奪や破壊行動の肯定に疑問があり、支持しませんが、人種差別には当然断固反対の立場です。

ですが、当該インタビュアーによれば、「私どもが大切にしているポッドキャストリスナーの方達は皆似たような思想なので(BLM支持者、アンチトランプ等)」、わたしではダメなのだそうです。

女性の自由や多様性を謳うフェミニスト団体が、「我々と考えが違う人はお呼びでない」とは、一体どう言う事でしょう?これはむしろ、彼らフェミニストは単一で全体主義を目指している、と言っているも同然ではないでしょうか。

フェミニズムって、女性の選択の自由を尊重する事、ではないのでしょうか?

世の中には、白黒まっ二つに考えを分けられる人は、そういないと思います。例えば、支持政党は共和党だけど、トランプの女性差別には反対の女性もいるはずです。また、BLMの暴力的な側面が嫌で積極的に応援しないが、当然女性差別や人種差別に反対の人もたくさんいるでしょう。極端な事を言えば、極右の愛国者で反BLMで共産主義が嫌いな専業主婦だけど女性差別には反対だからフェミニストを名乗る人がいたとしても、その人の自由だし、何も不思議はないはずです。

もしも、フェミニストがその様な人達を、「アンチトランプでBLM支持ではないから」と否定するなら、とてもおかしい事だとわたしは思いますが、どうも、不寛容なのは、日頃萌え絵を攻撃する日本のフェミニストだけでなく、海外のフェミニスト界隈の方が一層頑なかもしれないと感じて、わたしはとても暗い気持ちになりました。

正直、もう、フェミニストを名乗るのは辞めた方がいいかもと、挫けそうです。フェミニストを名乗っても、同じフェミからは排斥され、アンチフェミからも「クソフェミ」と攻撃され、何も良い事がありません。ですが、女性の体をワイセツとされてムカついて国とケンカしたわたしが、フェミニストではないなら、一体何なのか。わたしのような異端のフェミニストがいたっていいじゃないか。むしろ、不寛容で全体主義なフェミニストばかりではない、わたしの様なフェミニストだっているんですよ、と示す為にも、フェミニストである事を言い続けるしかないのです。

そして、支持政党や思想信条が違う人でも排斥しないでお互いを尊重しあえる社会こそ、本来の意味での多様な社会だと思うのですが、みなさん、いかがでしょう?

最後に、わたしの好きな写真をお借りして貼っておきます。

2分でわかる!ろくでなし子って、フェミニストとして何やって来たの?

最近、Twitterで「ろくでなし子さんてフェミニストとして何やってたの」と言われる様になって来ました。二度の逮捕も、もう6年前の事なので、仕方ありません。以下、2分でわかる様に解説します。

わたしは、まんこを卑猥な物とする、世のまんこイメージを覆す為、自分のまんこの型をとり、キラキラにデコったり、ジオラマを載せたり、まんこの照明器具、まんこのiPhoneカバーなど、面白くて楽しくて笑えるまんこの作品作りをしてきました

その一環で、まんこを3dスキャンし、まんこのボートを作って、たまん川(多摩川)で漕ぎましたが、

まんこのボートを作る際に利用したクラウドファンド(CAMPFIRE)の出資者に、リターン(お礼)として、3dまんこデータをダウンロードできるURLを送信したのが、ワイセツ電磁的記録媒体頒布として、逮捕。二度目の逮捕では、それにデコまん作品展示の罪もくっつけられた上に、起訴されました

後に、控訴審の高等裁判所でデコまん展示は無罪確定となりましたが、3dまんこデータのダウンロードできるURLの送信については高裁でも有罪だった為、最高裁に上告して数年が経ちました…

逮捕の件を漫画にしたところ、英語訳、フランス語訳、スペイン語訳と、世界に作品が広がりました!

またその間、なぜか海外のロックミュージシャン Mike Scott と出会って結婚、44歳で元気な男の子を出産しました(笑)

何だかほのぼの幸せなまま、刑事被告人状態が続いておりましたが…

今月16日の15時、やっと、ハンケツがおりるのです!と言うことで、性器の(世紀の)まんこアート裁判のハンケツ結果をお楽しみに。お暇な方は、最高裁判所に、遊びに来てねー♪

最高裁判所住所はコチラ

「バースト・ジェネレーション:死とSEX」展 “BURST Generation : Death and SEX” exhibition 7月10日〜22日迄開催

本日より開催、
「バースト・ジェネレーション:死とSEX」展
“BURST Generation : Death and SEX” exhibition
に参加しております。
作家先生方と、ハイまんこ☺️

以下、ギャラリーサイトの展示会概要を転載します↓↓↓

「バースト・ジェネレーション:死とSEX」展
“BURST Generation : Death and SEX” exhibition
ろくでなし子、根本敬、釣崎清隆 、ピスケン 、ブライアン佐藤、
西牧徹、PONO♡FEKO 、ケロッピー前田
スペースM、S、E※関連イベント→https://www.loft-prj.co.jp/schedule/rockcafe/148571

〔概要〕
コロナ禍にある2020年、伝説の雑誌『BURST』の血統を継ぐ『バースト・ジェネレーション』(東京キララ社)が、時代を疾走してきた表現者たちに“新たな戦場”を提供する!
今回はゲストアーティストに「まんこアート」の巨匠・ろくでなし子を迎え、鬼畜悪趣味カルチャーの先駆者・根本敬、グロテスク表現を極める死体写真家・釣崎清隆、BURST創刊編集長&作家・ピスケン、褐色のエロス画家・ブライアン佐藤、淫魔の鉛筆画家・西牧徹、陰部神社を祀るPONO♡FEKO、究極のカウンターカルチャー・身体改造を追うケロッピー前田が集う。
タイトルとした「死とSEX」は、オーストラリア・タスマニアにある「死とSEXのミュージアム」の異名をとる美術館MONAにあやかった。MONAは、古代美術と現代アートに特化したコレクションを通じ、人間の最も原初的なアートの衝動は「死とSEX」の表現にあると教えてくれる。また、「死とSEX」展は「死と未来」展(ヴァニラ画廊、2013年)の続編にあたり、「Nach Fukushima(アフターフクシマ)」展(HfG Offenbach, Frankfurt Germany 2018)に次ぐ、ケロッピー前田キュレーションによる展示となる。ご期待ください!

新宿眼科画廊でのオンライン展示会始まりました。(7月7日まで)

6月26日から7月7日まで、新宿眼科画廊のオンラインweb展覧会に参加しております。

【作品説明】やぁみんな!まんこのようせい・まんこちゃんだよ!ぶったいを3Dスキャンして、じゆうにプリントできるかっきてきなぎじゅつをつかって、まんこアーティストのろくでなし子さんが、2014年のタイホをきっかけに、3dモデリングをべんきょうして、まんこをたのしいおもちゃにしたよ。だいいちだんは、3dLEGOまんこドール。おてもちのLEGOにくみあわせてあそんでね!(撮影:Michel Paschalis)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今から6年前の2014年は、わたしにとって忘れられない年です。

5月に新宿眼科画廊にて、「まんこで遊ぼう!よいこのまん個展」を開催しました。自らのまんこを3Dスキャンして作ったまんこのボートや、3dプリントした模型、まんこのアプリゲームなど、わたしの中では最新テクノロジーを駆使しながら子供でも楽しく遊べるまんこアートを展示したつもりでしたが、後にそれらがワイセツとされ、7月と12月に二度も逮捕されました。

それ以前から、わたしはまんこをデコってジオラマを載せるなどしてましたが、手作業で石膏を使い1個1個かたどる作業は時間がかかるし、その単純なアナログ手法にも飽きていました。3dプリントの技術でそれが可能だと思いついた時は、興奮と喜びで満ちました。

当時も今も、新しいテクノロジーがあれば、まんことかけ合わせてみたい!そしてプロダクトアーツとして量産したい!と思う気持ちは変わりません。ただ、当時は3dの技術は自分には高度すぎた為、専門の業者にお願いしておりました。専門業者に頼めば当然お金もかかりますから、アイデアを気軽に形にできないのが、一番の悩みでした。

二度の逮捕を機に、「これで逮捕されたからには極めたい」と思い勉強し、50歳を前に、3d技術のスキルを身に付ける事ができました。これからは、誰に頼る事なく好きな作品を量産できると思うと、感無量です。警察には感謝しかありません。

あれから6年、新宿眼科画廊のオンライン展示会で再び展示させて頂く事になりましたが、ちょうど同じ年の7月16日に、わたしの裁判の最高裁ハンケツが下りる事になったのも、何かのご縁を感じます。

新宿眼科画廊オンライン展示会は、勿論、まんこに限らず、他の作家さん達の、若々しいアイデアに満ちた、楽しくて可愛くてユニークな作品が展示されています。ぜひ、遊びにいらして下さい。

http://shinjyuku-online.com

元ミスiDのアイドルの方にツイートを誤訳された事で、mixed race の人達への差別や、彼らにとっての「外国人」という言葉の重みを改めて考えた事など。

黒人殺人事件への抗議デモ”Black Lives Matter”に、わたしの意見をツイートすると、主に海外在住者の人達から理不尽な批判を受ける。というのは前回のブログに書きました。

繰り返しますが、わたしは、デモには賛成ですが、略奪や暴力行為などの犯罪には反対で、抗議目的のデモと略奪行為や放火など(犯罪)ははっきり分けて考えるべきだと思います。わたしのツイートを極端に解釈する人達のアカウントをざっと眺めたところ、英語のリプライだと、一見、英語圏の(日本人ではない人種で欧米人などの)外国人かな?と思いやすいのですが、彼らは英語が堪能な在外日本人か、ハーフジャパニーズのmixed raceか、日本人ではないが日本に住んだことがある日本文化に馴染みある人達だと気づきました。わたしは、たまに英語の勉強がてら、英文ツイートもするのですが、日本人ではない諸外国(欧米など)の人にはあまり絡まれません。それが英語であっても、彼らにとって、アジア人のわたしのツイートは特に興味がないのでしょう。

結局、わたしのツイートに関心を寄せるのは、英語が堪能な在外日本人かハーフジャパニーズのmixed raceか日本人ではないが日本に住んだことがあるなど日本文化に馴染みのある人達です。(日本人ではない人種で欧米人などの)外国人にとってはアジア人は関心が無いのでしょう。わたし自身、それは仕方のない事だと思います。いくら頑張ってもネイティブのようには話せず片言の英語なら、読む方も楽しくない。わたしも、英語や様々な言語の人のツイートを読もうとしたら、落ち着いて言語を理解せねばならず、気軽に見たいtwitterでは疲れてしまいますので、お互い様です。

その様な事を感じて、こう呟きました。

ところが、これを英語で間違った翻訳をして拡散する人が現れました。

わたしのツイートの「外国の人の意見にはさほど興味がない」という部分を、「わたしにうざい絡み方をしてくる在外日本人かハーフジャパニーズかバイリンガルのこと」だとされ、まるで「彼らは外国人だからわたしの知ったことか!」と言っているかの様に翻訳されたのです。事実は全く逆なのに。

こんな事を言われたら、自分を日本人だと思っているmixed raceの人達が怒りだすわけです。「そんなに興味がない」という部分も「I barely interested in」などにすべきなのに、わざと「I don’t care about」という非常にキツイ英文にされています。I don’t care とは、わたしの親戚の子が悪態をつくときによく使う言葉です。また、彼女はtwitterの日本語翻訳を参考にしたのでしょう。これだと細かいニュアンスがザックリ省略されることが多くてわたしは以前から疑問でした。

とにかく、わたしが言いたかったこととはまるで違う事を言われた上に、その誤訳を何の疑いもなく信じた人々に、次々と絡まれたのは、ショックでした。わたしの息子もハーフジャパニーズ、ハーフスコティッシュのmixed raceで、日本とアイルランド国籍を持っています。当然、息子は「日本人であり、アイルランド人です」。大切な我が子と同じ属性の人を、わたしが差別したりバカにするとしたら、どうかしています

My son is half Japanese and half Scottish. I never discriminate mixed race people you know.Twitter translate is just wrong. I know that mixed race people were deeply hurt by discrimination. 

そこでわたしもこの様に、英文で訂正のお願いを伝えたのですが、

本人は一切訂正することもなく、バカにされるだけでした。また、彼女のツイートに便乗した人にもわたしの夫の事まで誹謗中傷されました。嘘つきと、間違った事を謝らない人が大嫌いなわたしは、怒りで眠れませんでした。

ただ、時間が経つにつれ、少し気づいた事がありました。

この方は、日本で地下アイドルを目指していた愛美奈・デュジャンさんという方で、日本国籍ではないものの、日本に非常に馴染みのある方の様です。詳しい関係者によると、日本にいた時はmixed raceコミュニティにもいたそうなので、mixed raceのフォロワーさんが多いのもうなづけます。

黒人と同じく、アジア人も欧米では差別されます。また同じ日本人同士でも、mixed race  の日本人は日本で差別やいじめにあいます。愛美奈さんがなぜわたしに意地悪をしたかといえば、日本にいた時に「日本人のアイドルの様にしたいのに、見た目などによってあまりそう見てもらえない疎外感」が根底にあったからではないか?と思うと、彼女の苛立ちにも納得することはできます。なぜなら、日本人のアイドルといえば、日本人の9割を占める「アジア人の様な見た目を持つ人」が主流だからです。彼女の仲間や友達であるmixed raceの日本人もまた、「日本人なのに、日本人として見られない疎外感」を強く感じながら生きて来たのではないかと思います。

わたしが自分の息子と同じ属性の人を差別することなどないと、言わなくてもわかるはずだと思っていましたが、わたしはmixed raceではないですし、彼らが日本で受けた「異質な人扱い」への悲しみや怒りは、わたしには計り知れない物だったでしょう。子供時代に日本とアメリカのmixed race の子がいましたが、やっぱりいじめられていました。日本はアジア人の特徴を持つ見た目の人が9割なので、見た目や肌色の違いを個性とは受け取られづらく、目立つ人は、残念ながら日本ではいじめられやすいです。おまけにまんこで逮捕された女の息子です。だから、子育てするなら様々な人種がクラスにいるのが当たり前なアイルランドの方が、わたしも正直、安心です。この様に、日本では安心して息子を育てられないと思ってしまうほど、mixed raceの人へのいじめや差別が厳然とあるのです。

ただそれも、黒人差別は良くない!と言いながら、コロナでアジア人差別する人には無関心な欧米の人達みたいに、軽視されやすい差別なのではないか?と改めてわたしは気づきました。また、両親がともにアジア人顔の日本人から産まれて来たわたしにとって、何でもない「外国人」という言葉が、彼らにとっては非常にセンシティヴな言葉だったのだ、と今更ながら気づきました。

愛美奈さんも、彼女の誤訳をそのまま真に受けてわたしに嫌がらせしてきた人も、過去に「見て欲しい自分を見てもらえないこと」や「常に異国の人」扱いをされ、嫌な思いをしてきたからでは、と思うと、嫌がらせは絶対に良くない事ですが、愛美奈さんが憤りを誰かにぶつけたくなる気持ちも理解することができます。彼女のねっとりとした悪意を受けて、わたしも理不尽な怒りが移ってしまい、暴言を投げそうになりましたが、許す事にしました。

ただこの様に、悲しみや怒りは連鎖するのです。

残念ながら、差別とはわたしにもあなたにも、誰の心にもある物だから、差別を根絶する事はできないと思います。それでも、悲しみや怒りの連鎖は止めたいです。綺麗事ではなく、わたしの息子と同じ様に、彼女が幸せになる事を願います。

最後に、ミスiD2016時代の彼女の動画を載せておきます。楽しそうにお喋りする姿がとても可愛らしい方です。この時の愛美奈さんの笑顔を、世界のアイドルとして、また日本でも見られることが来るのを、わたしは願って止みません。

I wish you all the happiness.Xxx

*追記;この件をtogetterまとめられましたので、掲載します。日本語が異なる意味で世界に伝わってしまう恐怖。~ろくでなし子さんの場合~ – Togetter 

7月16日15時、遂にまんこアート裁判の最高裁ハンケツが言い渡される事になりました。

先程、弁護団から聞きましたが、7月16日15時、遂に、最高裁ハンケツを言い渡される事になりました。
直前までお楽しみにと思ってましたが、すでにメディアが報道してるので、ご報告いたします。

報道では、有罪濃厚と言われてますけど、もしそうでも、ひとつの区切りですので、わたしは法廷に出向くつもりです。

2014年の逮捕から、6年も経ちましたが、この事件のお陰で、わたしは精神的に鍛えられた上に、良き弁護団に恵まれ、支援者の方々に支えて頂き、まさかの良い出会いもあり結婚&かわいい息子まで授かり、お釣りが来ても良いぐらい幸せでした。
この場を借りて、お礼を述べます。
警察、ありがとう❣️
もう刑事被告人じゃなくなるのが、正直、寂しいです…( ;∀;)

それにしても、最高裁の待合室なんてなかなか入れないと言われたので、今から楽しみです。
折角ですので、ろくでもない記念グッズなど作って支援者の方に配ろうかなと考えてます。
遊びに来てください!(最高裁って一般の方が入れるのか知らんけど)

フェミニズムを、間違った人やダメな人を徹底的にうちのめす棍棒にしてしまった人達に思うこと

コロナ禍で世界的に大変な毎日が続いております。
生きる事への漠然とした不安を身近に感じる日々の中、フェミニズムを問題にし、議論バトルをしていたほんの2ヵ月前の頃を思うと、政治や社会システムが不完全ではあっても、人々が安全に暮らせていただけでも贅沢だったのだなぁとしみじみします。
最近は、もはやフェミニズムの話をする気もすっかり失せ、3d CGの勉強に加え、パンを焼いたり手作りマスク制作など、ステイホーム生活を地味に勤しんでいたわたしでしたが、岡村隆史さんの深夜ラジオでの発言に対するその後の騒動に対して、久しぶりに「黙っていられるか」という気分になったので、息子が寝ている隙に、ブログに思いをぶつけてみる事にします。

岡村さんの発言について、すでにご存知の方も多いので、詳細は省きます。
わたしの感想は、「これからお金に困って職探しするであろう人を自分の欲望を満たす道具としてしか考えていない、品性下劣な発言だなぁ。」でした。
そこに怒りを感じて批判する人の気持ちもよくわかります。
ただ、それは岡村さんのコアなファンや仲間が聴く深夜ラジオでの発言であり、一般的に不快に思うような人達には向けられていなかったにも関わらず、芸能人の不謹慎な発言を探して回って配信し視聴率を稼ぐ配信者によって拡散された様でした。
それなのに、怒りのあまりに、岡村さんのレギュラー番組であるNHKの「チコちゃんに叱られる」を降板しろ!と言う人も出てきて、ついにmetooを彷彿とさせる署名運動まで立ち上がり、今や、岡村さんは非道な罪悪人かの様にバッシングされています

岡村さんは、たしかにこれからお金に困るであろう人を喜ぶ不謹慎な発言をしたけれど、特定の女性に対して自分の役職を盾に「やらせなければこの世界で仕事をできなくさせてやる」と言い性加害を強要していませんし、スタッフとして雇った複数の女性に無理やり性的奉仕させ続けてもいませんし、酔って前後不覚な女性を持ち帰ってもいませんし、電話の受話器で殴ったり、家に押しかけ「抱っこして」と迫って訴えられた訳でもありません。
むしろ、コロナ禍が終息したら風俗に行きまくってお金を落とすと言っているので、セックスワーカーにはありがたいお客さんです。
彼のメインの仕事まで奪って社会的に懲らしめるほどの事でしょうか。
わたしには、ただ、ムカついた人を徹底的にいじめて楽しむ嗜虐行為にしか見えません。
そして、それをしたところで「お金に困って風俗の仕事を選択するであろう人」の現状は、何も変わりません。

岡村さんの失言に対しては、すでに相方の矢部さんがラジオに登場して岡村さんを公開説教しています。
おそらく、それまでの自身の女性差別的な発言に物申す人もいないまま50歳間際になってしまった男性にとって、本質を変えることは物凄く難しい事ではないかと思います。
また、この説教中に矢部さんは岡村さんに「結婚しろ」と言い、結婚ができない人、向いてない人への無意識の差別やハラスメントをしています。
この説教で、実は、岡村さん自身も社会から「いい年をして女性とまともに付き合えない、結婚もできないダメな奴」と虐げられる側の人だったのだと、わたしはようやく気づきました。
だからこそ、岡村さんはますます女性を敵視したり嫌悪しながら性欲だけ求めてしまっていたのではないでしょうか

この様な人を、有無を言わさず見せしめに懲罰したところで、女性への怒りや恨みや恐怖心をますます募らせるだけで、彼の本質は全く変わらないでしょうし、「結婚などの一般的には健全とされる生き方に正そうとする」事も、とてつもない暴力に感じます。
岡村さんは以前、鬱になって休業していたそうですが、また発症されるかもしれません。

ただ、長年の相方である矢部さんのによる公開説教は、多くの人を納得させ、本人もひたすら謝罪を述べていて、「もうこの件はこれで終わりにしよう」という流れに変えました
それについては、岡村さんのNHKの番組を降板させる署名運動よりはるかに建設的だと思いました。

それでもまだ、振り上げた拳をおろす事ができず、岡村さんにフェミニズムを学ばせようという署名まで立ち上げるフェミニストの石川優実さんに、わたしは強く反対します。
石川さんが牽引するKutoo運動は、パンプスなどの履き続けると痛い靴強要からの解放運動だったはずですが、なぜその中心人物が、フェミニズムを、誰かを懲らしめるために「無理矢理」学ばせようとしたり、レギュラー番組を降板させろなど、他者をクーツー(苦痛)にしようとするのでしょうか。

フェミニズムとは、女性のみならず、あらゆる人の選択の自由や権利を尊重し広げようという思想のはずです。あらゆる選択の自由があるなら、岡村さんの様な社会的に生きづらい人の自由も尊重すべきです。
世界には、宗教的に男尊女卑的慣習を続ける国もあります。自国の価値観や、どれか一つの思想や考えだけが正しいとし、その価値観を押し付ければ、戦争に発展するでしょう。全く異なる相容れない考えの人と、それでも共存していかなければならない、多様な社会とはそういう事だと思います。
たとえ不謹慎で不愉快な発言をした人であっても、性犯罪を犯した訳ではない人を、社会的に困らせるまで追い詰めるのは本末転倒です。フェミニズムを、気に入らない誰かを滅ぼすまで殴り続ける棍棒にしないでほしいです。

追記:
岡村さんを降板させろ署名に賛同し、強く抗議している藤田孝典氏が、ホームレスを安い家賃の家に数人で住まわせ生活保護費を巻き上げる貧困ビジネス疑惑で、さいたま市議会で追及されていたそうで、驚きました。
「懺悔として貧困者の正義の味方になった」のであれば、それは責めるべき事では全くありませんが、藤田氏によるこの件の説明はまだありません。
事実でなければ堂々と説明できるはずだし、事実なら不正横領の償いをすべきです。
岡村さんは謝罪しているのにも関わらず(しかも犯罪でもない事で)、降板を要求。この不均衡は一体なんでしょう。
岡村さんを降板させても貧困者の現状は何も変わらない、とわたしは言いましたが、むしろ、藤田さんの様な人は、貧困者がいないとビジネスにならなくて困るのではないかと思えて来ました。

わたしは、フェミニズムを、この様な人達にもてあそばれるのが、本当に残念だし、強い憤りを感じます。

mogura-illust10

男とか女とか右とか左とかオタクとかフェミとかいう属性には関係なく、「そういう人はそうなんだ」と改めて思った事など

前回のブログで、アメリカで活躍されるプラスサイズモデルの藤井美穂さんの、ラブライブ!キャラクターのスカート丈を修正した動画ツイートへの批判を書きました。
正直、藤井さんにはブロックされると思っていたら、予想に反して丁寧で真摯なお返事をいただき、twitter上で数回やり取りする事ができ、とても嬉しかったです。
藤井美穂さん、ありがとうございました

やり取りしても、やはりお互いの意見が変わる事はありませんでしたが、わたしにとっては意見の違いは特に重要ではない事を改めて実感しました。
藤井さんがご自身の身体を高らかに謳歌し表現する事で、他の女性に勇気や励みを与えるでしょうし、わたしも大いに励みを得ました。そんな素晴らしいご活動をいちフェミニストとして尊敬し応援したい気持ちは全く変わらないからです。
意見は違えど、ブロックや拒絶せず、お互いを尊重し意見交換すると言う、よく考えたら当たり前の話でも難しい現代SNSで、それができた事を嬉しく思い、殺伐としがちなtwitter上で心温まる出来事でした。

さて、今日はツイッター論客の青識亜論さんのツイキャスに呼んでいただき、久しぶりに生配信に参加させていただきましたが、まるで藤井さんとのやり取りのような嬉しい気持ちになれました。

テーマは、やはり最近のツイフェミ(わたしはふしだら憲兵と呼んでいます)についての雑感で、それについての意見や思いはフェミニストではない青識さんとなぜか意見がほぼ一致するわたしなので、特に荒れることのないトークだろうとは思っていましたが、予想以上に楽しい展開となりました。
配信中に、最近の過激なツイフェミ代表人物であるよもぎ団子さんも突然参加される事になったのです。

よもぎ氏は宇崎ちゃんの献血ポスター騒動時に「献血ボイコット」呼びかけなど軽率な発言の多い人でしたし、わたしにも批判的で、気付いたらブロックされていたので良い印象は全くありませんでした。
が、実際のよもぎ氏は、失礼ながらツイッターでのおかしな発言と違い口調も物静か。またツイキャスに参加する際の自己紹介時、その献血ボイコット発言に件について、誰も聞いてないのに謝罪されました。
自分が悪いと思った事を、自ら素直に謝れる人は立派だし誠実です。
一気によもぎ氏の好感度が上がりました。

なぜこんな誠実そうな人が他人をブロックするのか?

疑問に感じて思わず質問したところ、よもぎ氏曰く、わたしとのやり取りが嫌なのではなく、わたしがよもぎ氏への批判をツイートすると、わたしの意見の支持者の中でも過激な人達がよもぎ氏を攻撃してくるのが怖いからだそうです。非常に残念です。

「言いたい事を言えば、誰かに何か言われるのは当たり前」、わたしはそれにすっかり慣れてますが、そこまで耐性のない人が大量に批判を受けたら、確かに怖く感じるでしょう。
また、わたしの意見の支持者の中でも過激な人達がいるのは事実で、誰かをクズ、クソ、と罵倒するような人達には、わたしも以前から気になっていました。気づくものに対しては「いくら正論でも、相手を罵っては説得力がなくなって損ですよ。」と呼びかけてはいますが、もっと強く主張した方が良いかもしれないと意識を改めました。(わたし自身も、過去に菅野完氏に対して「クズ」「クソ」など言っていたことを反省しております)

とはいえ、この機会がなければ話す事すらなかったであろうよもぎ氏の真意を聞けて、わたしは非常に良かったです。
相手への印象が変わると、異論であっても聞く耳を持とうと思えるのも不思議な物です。
よもぎ団子さんも、わたしと同じ思いを感じられたのか、ツイキャス後にブロックを解除され、フォローしていただきました。よもぎ団子さん、ありがとうございます。
またこの場を設けてくださった青識亜論さん、ありがとうございます。

ところで、そんな感想をツイートしたところ、青識亜論さんとトークイベントをした石川さんが皆さんに好印象だったにもかかわらず、その後掌を返すように青識さんを罵ってブロックした事例を持ち出し、「(どうせ裏切られるのに)正直、ここまで学習能力がないとは思わなかった」「騙されやす過ぎ、ちょろい」などと言う人達がいました。
それだけでなく、「(何度も失言を繰り返すよもぎ氏を)擁護した事を軽蔑する、許せない」とまで言う人がいたのは流石に驚き、ある出来事を思い出しました。

わたしの逮捕騒動時、わたしの弁護団に「山口貴士というオタク弁護士は絶対入れるな」と某フェミニスト達に言われたものの、表現の自由やワイセツ案件で実績のある山口先生を外すことは考えられず、弁護団の一員になっていただいたのですが、それを機に、わたしは「裏切り者」としてフェミニスト界隈から実質追放されました。

よもぎ氏を「誠実な人だ」と評価して相互フォローになったわたしを「軽蔑する、許せない」と言う人の不寛容さは、気に入らない表現をつぶそうとし、対立者とは対話せず拒絶し、わたしを裏切り者と呼んだ某フェミニスト達の態度にそのまま当てはまるのではないでしょうか。
実は以前から思っていた事ですが、結局、男とか女とか右とか左とかオタクとかフェミとかいう属性には関係なく、「そういう人はそうなんだ」と言う事でしょう。これは大変興味深い事です。

冒頭でも言いましたが、意見が違うだけの人と普通に会話することが、今のSNSでは特に困難です。
しかし、多様性を謳うなら、そんなの当たり前の話にしていかなくてはなりません。
よもぎ団子さんとわたしが相互フォローになったからと言って、特に世界がが変わるわけではありませんし、相変わらず規制派は気に入らない表現を批判してなくそうとしてくるでしょうし、今後もますますよもぎ氏とは意見が食い違うと思います。
でも、それこそが「多様性」ではないでしょうか

氏は同じ失言を繰り返しているそうなので、「絶対に許すな」と、まるで犯罪者のように言う人もいますけど、それでも、わたしは自分の意志は変えませんし、「反対論者同士が拒絶ではなく共存することが大事」だと思います。そこから、お互いが不満に感じる事をどうすり合わせていくのか、冷静に話し合う壇上に登れるからです。
それに正直、敵対はもう疲れました。
どうしてもよもぎ氏を許せない人達には同調できませんから、「ろくでなし子は騙されやすくてちょろい」と思ってくださって結構です。

余談ですが、よもぎ氏が、「下ネタは大好き」だけど「まのつく3文字は恥ずかしくて言えない」と仰っていた事にも、なぜそう思うのか、いつか理由も伺ってみたいです。
なぜなら、まさにわたしがその疑問を持ってアートを作っているからです。
そして、よもぎ氏のようなツイフェミの皆さんが、「なぜまんこと言ったら恥ずかしいのか」、その根源的な理由を考える事から『「性的」とは何か』についての議論が始まるのでは、と思うのです。

dango01_c_03

髙崎順子さんとひろゆきさんのハフポスト対談コラムを「有毒」だと言う中部大学の玉田敦子教授にお伝えしたいこと

ハフポストでの、髙崎順子さんとひろゆきさんの対談コラムの炎上が続いている中、後編がUPされました。

これを読み、「前編よりもずっと良い」と言う人もいましたが、わたしは相変わらず前編の何が一体ダメなのか、さっぱりわかりません。だって、ひろゆきさんは質問に対して個人の意見を述べているだけですよね。むしろ、後編はやたら注釈が多く、ハフポスト編集部からもナゾの謝罪文があり、フェミニストの逆鱗に触れないよう、気を遣って慎重に慎重に書かれていて気色悪く感じました。
(よろしければ、わたしの前編ついての感想 と オマケも併せてお読みください)

フェミニズムへの思いを専門外の人が気軽に語ると、フェミニストに怒られる。
そしてメディアもそれに忖度する。
これでは、フェミニズムへの理解が深まらないのも当然です。
わたしはフェミニストの一人として、非常に情けなく思います。

怒って批判するにとどまらず、『一般の皆さんは読まなくていい』とし、コラムをまとめている髙崎さんに対して『後半(のコラム)で(髙崎さんがひろゆきさんを)論破されているならば、なるべく早く公開して解毒してほしい。有毒すぎる。』とTwitter上で要求するフェミニストの大学教授がいると知り、恐ろしくなりました。
中部大学の玉田敦子教授、この方のもとで学んでいる学生達の事を考えるとわたしは勝手に心配になって来ます。

思い出してほしいのですが、当コラムは、髙崎さんが『専門家でなくても、より身近な「私ごと」として、フェミニズムに触れられないだろうか』という趣旨でスタートした物です。なぜ、いちフェミニストの教授の意に沿わないだけで、有毒だと決めつけられ、相手を論破しないといけないのでしょうか?

髙崎さんは、これに対して丁寧に「有毒性とは何か具体的にご指摘を」と聞かれていましたが、玉田教授はこれに答えず「(ひろゆきさんという)相手を選んだご自身で責任をとられた方が良い」とのこと。DVモラハラの夫に責められた妻がどこが悪いのか尋ねると「自分で考えろ」と言う論法とそっくりで、わたしはますます怖くなりました。

わたしは同じフェミニストとして、フェミニストの学者である方がこの様な態度を取られている事を見るに耐えませんので、無駄とはわかっていても、玉田教授に以下の事をお伝えしようと思います。

今、フェミニストと言えば、一般人には「何か言えば攻撃してくるヤバい人達」というイメージになっています。異論反論を拒絶すればするほどヤバさ高まる一方です。これでは、フェミニストの意見や主張など、社会に通るはずもありません。
もしも教授が日本のフェミニズムの未来を真剣にお考えであるなら、どうかフェミニズムに無理解な人の話にこそ積極的に耳を傾けてください
わたしは「反論を受け入れ肯定しろ」とは言っていません。
世の中には、違う意見の人達がいる。それを知ることが大事なのです。
そして、教授が本当に教育者であるならば、違う意見の人も尊重し共存していくにはどうしたら良いかを、若い学生達と一緒に考えてほしいです。(丁度、髙崎さんも「フランスでは違う意見の相手を尊重しようと言う教育が徹底しており、日本でもその作業が必要ではないか」と当コラムで仰っています)

わたしの意見など、当然教授はガン無視されるでしょう。同じフェミニストからの反対意見であっても「聞かなければ、無かった事にできる」のです。
しかし、その様な態度こそ、「女子供の話なぞ聞かなくていい」と言って来た、我々フェミニストが敵対して来たはずの家父長と同じ態度ではないでしょうか。

つまり、今のフェミニズムに「有毒」なのは、玉田教授の様な閉塞的で不寛容な態度では無いでしょうか。

フェミニストを名乗る社会学者や人文学者の先生方には玉田教授のような思考の方が多く、もはや驚く事もなくなってきましたが、同じフェミニストであるわたしの思いを「無かった事」にはされたくありません。今まではTwitterでぶつくさ言っているだけでしたが、Twitterだと流れてしまってそれこそ「無かった事」になる。
ご本人には届かなくても、フェミニストの中にはこの様な考えの者が少なくともここに居る事を、一人でも多くの方が目に留めてくださる様、拙ブログに書き留めておきます。

*当該コラムに関するわたしの感想を書いた一連のブログ内で、髙崎順子さんの事を「高崎さん」と漢字を間違えて記述しておりました。お詫びいたします。

*こちらのブログに、玉田教授からご返信をいただきました。その件につきまして更新しました。併せてお読みください。