SNSでのわたしらしい向き合い方02

まんにちは。デルタ株の脅威も収まり、第六波への不安はあるものの、ひとまず日本が平和を取り戻して来て嬉しい限りです。

デルタ株が猛威を奮っていた間、わたしは毎日早寝早起き、ラジオ体操、息子を保育園に送った後は3Dモデリングや語学の勉強、晩酌もしなくなり、まるで受験生の様な日々を過ごしておりました。

余計な雑音が入ってこない上に、好きな事をとことん探求できる物作りや勉強は、わたしの精神安定にとても良いことに気づきました。ただ、語学の勉強がてら現代アメリカのキャンパスで起きている対立や分断の流れを分析する本を読んでいるせいもあって、(日本の経済や文化はアメリカの後追いをして来ているので)未来には漠然と不安を感じる日々でした。

皆さんもご存知の様に、2017年以降、アメリカでは政治的な対立が激化し、キャンセルカルチャーが吹き荒れています。

人種差別や弱者への差別を無くそうという人々の善意はとても崇高です。しかしその善意が行きすぎてしまった人々が、右翼や保守系の論者や学者だけでなく、同じ左翼系の仲間にすら、些細なグループメールでの一言を悪く受け取り、辞職に追い込むだけでなく、集団で取り囲んで怪我をさせる暴力的な事件を多発させています。まるで60年代の連合赤軍の事件を彷彿とさせられます。

かつて、言論の自由といえばアメリカだと思っていたわたしですが、「対立するあなたの意見を聞きます、あなたも私の意見を聞いて下さい、そして新しい見識を見出しましょう」という弁証法の理論で対話をしようと持ちかけたある教授を、「白人至上主義の時代の概念」として抗議者が切り捨てた事例を見て、恐怖を感じました。

この怖い流れはスマホが誕生してSNSが発展したことで急速に拡大した様で、アメリカだけでなく、世界的に似たような傾向となっているのもうなづけます。

誰でも気軽に意見を述べられる反面、ちょっとでも不適切な発言をした人を集団で攻撃し、魔女狩りの様に追い詰める事が可能だからです。

アメリカの様になって欲しくない、という強い不安とは裏腹に、日本のTwiiterでも、右も左もフェミニストもアンチフェミニストも関係なく、毎日小競り合いや罵り合いが流れて来ます。カルト化したフェミニストは、気に入らない人物やアニメや表現物などに対し、アメリカの流れに追随して署名やオープンレターなどしています。わたしは酷い現実を見たくなくて、ますます引きこもっておりました。

ところが、どうもアメリカの視野狭窄で不寛容なキャンセルカルチャーを猿真似しても、日本ではアメリカみたいにうまくは行かない様なのです。

先日も、千葉県警がSNSで公開した交通ルール啓発動画に出演する女性Vチューバーの容姿について、全国フェミニスト議員連盟が「性的だ」と抗議して削除された問題がありましたが、フェミ議連に反発する人達の署名が立ち上がり、現在は7マン筆に達しています。https://www.change.org/p/全国フェミニスト議員連盟宛抗議と公開質問状

また、ある学者が鍵アカウントのSNSで行っていた発言の内容が女性差別的だとして炎上、某協会が声明を、そして抗議する研究者有志がオープンレターを出す事態となり、その学者は任期なしの准教授に内定するとの通知を受けていたのに昇格を取り消されました。これに対し、不当解雇として学者本人が大学機関に対し、准教授としての地位確認を求める訴訟を起こし、事態は思わぬ方向に向かっている様です。

これは日本の公務員資格が簡単に剥奪されない仕組みも影響している様ですが、言うことを聞かない相手に銃で脅したり家に火をつける人がいるアメリカとは違い、集団の和を乱し、行き過ぎた行為をする人達への強烈な違和感と排除の感覚(出る杭は打たれる)が、良くも悪くも影響したのではないかと感じます(これは一方で、新しい事や改革を起こそうとする人を押しとどめがちな日本人の悪い習性でもあるのですが)。

ただ、普通に考えれば大勢でよってたかって誰かを懲らしめ排除する行為は、ターゲットが自分になれば恐怖のいじめや魔女狩りでしかありません。誰かを撃つ人は自分もまた撃たれる覚悟でやっているのかといえばそうでもなく、最初は興奮して賛同していた人達が、「あの教授の辞職を即すためではなかった」と急に逃げ腰になっているのを見て、わたしはなんだか拍子抜けしてしまいました。

アメリカの影響を受けつつも、暴力的な一面への嫌悪で日本ではそれほど浸透しなかったBLM同様に、キャンセルカルチャーも日本ではそれほど興隆しないのでは?

そうなってほしいと思うわたし個ちんの願望でしかありません。でももう敵か味方かの対立や分断の流れには疲れました。

そして、先日の衆院選の結果も、わたしの気持ちを少しだけ明るくしてくれました。私は「対立よりも解決」を公約に打ち出した国民民主党に1票を投じました。最近の野党は与党の悪口ばかりで実際に日本の為に何をしているのかよくわかりませんでしたが、良い施策なら考えが違っても協力しようのスタンスの国民民主党に希望を託しました。国民民主党は予想以上に議席を増やし、こんな暗い時代にも関わらず、わたしは選挙で初めて喜びを感じました。

明るい兆しを感じて放置しかけていたTwitterで呟いてみたところ、単なる意見の違いだけで殴りかかってくる様な人は相変わらずいるものの、それよりも温かい言葉、楽しい言葉をかけてくれる人達が圧倒的に多いことに気づき、また嬉しい気持ちになりました。

どなたかが、悪口は悪口が好きな人のもとにやって来てその人を蝕む。と呟いていましたが、今までのわたしは確かに怒りの発散が快楽になっていたので、そういう人達を自ら寄せつけ未来を悲嘆しすぎていたのかもしれません。

よくも悪くも簡単には変わらないおかしな島国の日本。どんな国にも良い面、悪い面は必ずあります。人や物事もそうですが、わたしはなるべく、その物やひとが持っている良い面をフォーカスしたいし、考えは違っても、目的が同じなら協力し共存したい。そして対立や分断をこれ以上深めない様に、「日本らしい多様な社会」を考えながら生きていきたい。

そんな風に思ったので、記録がてら書いてみました。

なんだか真面目な話でオチがないので、最後にわたしが初期に作ったまんこの作品を添えてみます。戦争のていなのに、でもまんこの上じゃん…と人を脱力させたくて作りました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中