日本に住みながら、日本人をあまり理解しようとはせず、自身の考える正しさを日本人に押し付けがちなバイエ・マクニールさんにお伝えしたいこと

黒人差別反対運動”Black Lives Matter”の勢いは、本国アメリカでは治るどころか、ますます強いうねりとなっている様です。先ほども、幼い黒人の子供が警察に催涙ガスをかけられた報道を観ましたが、3歳の息子を持つ親として、子供までが巻き込まれてしまう事に、悲しすぎて胸が痛みます。

日本でもBLMに賛同した人達が先週末にデモを行っていた様ですが、本国アメリカとは少し違って、決して快くは受け入れられない人達の声の方がちらほら散見されました。その理由は以前ブログにも書きましたし、今日も少し追記しようと思います。

さて、そんな日本人の無理解に不満を抱いたであろうこの方が、この様な記事を寄稿されました。

黒人記者が語る「抗議デモ」と「人種主義」 知らないうちに、死んでるのかもしれません | アメリカ – 東洋経済オンライン

バイエ・マクニールさん。氏は、以前もダウンタウンの浜田雅功さんがお笑い番組の中でエディ・マーフィーさんのモノマネでしていた黒塗りメイクを「差別だ」とし、批判のツイートをされていた方です。

氏の記事は、一部の欧米リベラルを支持する日本人以外にはかなり不評の様で、わたしのタイムラインでも批判の声が上がっておりました。

何が問題かと言えば、バイエさんは「テレビで警察署に火炎瓶を投げつけているアメリカ人を見る時、あなたがそこに見ているのは、ブチ切れてしまった時のあなた自身です。」と言い切り、BLMデモで怒った暴行や略奪や放火を間接的に擁護し(それだけならご本人の自由ですが)、これに賛同しない人(多くの日本人)はレイシストと同じであるかの様に述べている事です。

日本人は、当たり前ですがアメリカとは全く違う歴史を歩んで来ました。アメリカの様な、異なる人種の人々を大量に連れて来て奴隷として売買し、それを制度にまでして代々労働搾取させた歴史もありません。また、他国と違って警察に対する信頼度も高く、実際に日本の警視庁の捜査能力は有能です。

勿論、日本にも差別は厳然とあります。というよりむしろ、あらゆる世界の国々の人達は、肌色や見た目に限らず、生まれ育ちや宗教や思想の違いで誰かを差別する物だと思います。

ただ、日本の差別は、暴力行為よりも、「無視」や「侮蔑」や「村八分」という形を取りやすく、治安や秩序を何よりも大事に考えて物を大切にする為、抗議の為に火炎瓶を投げる様な行為は、多くの日本人にはどうしても理解しづらいと思います。

また、1970年代に盛んとなった学生デモでは、活動家たちが仲間をリンチ殺害しあったり人質をとって山荘に立てこもり、1990年代にはオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした事で、反社会的な人達は「社会悪」というイメージが国民の中で決定的となりました。

ですから、「どんなに正しい事を言っている人でも秩序を乱すのはおかしい」と思う日本人が、ごく一般的ではないかと思います。

そもそも、まだコロナ禍が治っていない中で大規模デモに参加する事に疑問を感じる人の方が圧倒的だと思うので(だからこそ、コロナ禍でも、感染の危機に晒されながら、感染者数や死者数をどの国よりも抑えることができた特殊で独特な国の所以だと思います)。

この様に考える日本人の私と同じくらい、バイエさんにとってはバイエさんの欧米リベラル的な考えが「正しい」ものでしょうから、まずはお互いの「考え方の違い」を理解しなくては、歩み寄りは非常に難しいと思います。

実はこの件を、ブリティッシュ(スコットランド人)の夫とも話したのですが、わたしは日本人的な考え方と欧米リベラル的な考え方の違いを簡単に説明しましたが、夫には「欧州やアメリカと言ってもいろんな人種がいるから一括りにしてはならない。日本人だけグループマインドの国だから、ちょっと違うよ」と言われました。

そこで一瞬納得しかけたのですが、「ん?待てよ?」と思ったのです。

というのも、話しているうちに、結局夫も「黒人差別は酷いものだから、多少の暴力や略奪は仕方ない」という典型的な欧米リベラルな考え方を、平和的なデモと犯罪は分けて考えるべきとするわたしにも押し付けがちだったからです(流石に、「BLMni賛同しない人はレイシスト」とは夫は言ってませんけど)。

欧米リベラルは、自分達は何からも自由であって、他者の多様性を尊重しましょう、と言いながら、時々物凄く押し付けがましく決めつけてくるし、答えや主張がみんな共通している様に感じるので、結局それも「欧米リベラルのグループマインド」に見えてくるから不思議です

繰り返しますが、わたしは、欧米リベラルの考えを否定してはいません。ただ、日本人であるわたしとは異なる、と言っているのです。その違いがわかると、「なんで理解ができないのだろう」とイライラする前に、「違うのだから理解できないのは仕方ない」と一旦諦め、「ならばどう伝え、共存して行くか」という方向に思考がシフトできるのです。

バイエさんの、ダウンタウン浜田さんの黒メイク批判についても、「こんなの欧米ではアウトだ!不愉快だ!」といきなり反発するのではなく、欧米の様な黒人差別はなかった日本で、肌色の違う黒人のモノマネをするのに黒くする事に疑問を感じてこなかった日本の芸能文化について多少は理解した上で、「それでも世界基準では、それは問題にあたるので、考えてみませんか?」という風に伝えていたら、少しは違っていたかもしれません。

バイエさんは日本滞在が16年もお有りの様ですし、やみくもに「火炎瓶を持って立ち上がる人の気持ちがわからないのか!」と言う前に、多少は日本人の考え方をご理解いただいければ、どの様に日本人に訴えて行くのが一番効果的かも自ずと見えてくるのではないでしょうか。

バイエさんに限らず、以前より、日本に住む外国人ジャーナリストが、一方的に日本を悪く言ったりバカにする記事をよく見かけて残念な気持ちになります。遠い東の異国に住む人達の事について楽しく書くよりも、面白おかしく笑ったり貶す方が、本国のニュースサイトではアクセス数が得られるのかもしれませんが、もしも本当に日本の事を心配したり気にかけてくださるのなら、思い込みだけで記事を書かず、日本の文化や歴史や、なぜ日本人はそう思うかをよくご理解して頂きたいものです。

わたし自身も、BLMについてや、その他の海外で起きる事件に対し、日本的な価値観で一方的に決めつけたり断罪しない様に十分気をつけ、自分と相手の違いを考えながら主張していきたいです。

ちなみに、わたしは、まんこのアートを作っていただけで逮捕され、約1ヶ月間警察に勾留されて自由を奪われた上に起訴されるという理不尽さを体験しましたが、人生で一番ブチ切れた相手に火炎瓶を投げるよりも、ブチ切れた相手には裁判で闘うし、ブチ切れた相手を作品にしたり、モチーフにしたおもちゃを買って息子と遊ぶ方が楽しいです。世の中には、そういう人もいるんですよ、バイエさん(^^)(この日はプレイモービルの警察署で遊んでます)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中