黒人殺人事件への抗議デモに対する日本的な考え方と海外の人の考え方の違いについて。そして改めて言いたいこと。

世界的にもコロナウィルス新規感染者が減少傾向の中、アメリカでは、警官の黒人差別により命を落とされた男性に対する抗議のデモ”Black Lives Matter”が盛んとなって、その火種が世界中に波及しています。黒人差別に人々が立ち上がるのは当然の事ですが、暴動が過激になり、ナイキやアップルストア等のお店を襲撃したり、建物や車に放火する人達まで出ています。トランプ大統領は、その様な行為はANTIFAを名乗る反体制運動家達が主導しているとして、彼らをテロリスト認定しました。

しかし、それら犯罪行為はトランプ支持の白人至上主義者がなりすましているor扇動している、という説もあり、一体何が真実なのか、アメリカから遠く離れた場所に住むわたしには、よく分かりません。

ANTIFAを名乗るtwitterアカウントが白人至上主義者のなりすましだった事がtwitter社の調査で明らかにはなったものの、フォロワーがわずか数百人のアカウントの為、そんなアカウントがそこまで影響力があったのか、少々疑問です。また、実際にお店を襲撃している人達の映像を見ていても、白人も有色人種の人も、人種を問わず物を破壊し商品を盗んでいる様子です。また数年前より、日本でANTIFAを名乗る人達から、単なる意見の違いなだけで、わたしはレイシスト呼ばわりされたり嫌がらせを散々受けたので、ANTIFAに良いイメージが正直ありません。

それと、わたしは人種差別には当然反対ではありますが、ダブリンの自宅がアメリカ大使館の近くですし、もしもマンがいち、黒人差別の名の元に、自宅近くに火を放たれたり襲撃されたらとても恐ろしいです。

デモには賛成ですが、略奪や暴力行為などの犯罪には反対です

しかし、それを言うと、「黒人差別はそんな小さな犯罪などより重要だ!」「正義の為なら小さな犠牲は仕方ないんだ!」と怒る人や、わたしを「差別主義者!」と決めつける人達(特に英語圏の人や、海外在住の日本人)までいて、twitter で攻撃してくるのです。繰り返しますが、

①人種差別で黒人が公権力に殺されたことは重大な問題だから、デモに賛成。

②わたし含め、第三者の財産や生命が不当に危険に曝される状況には反対。

わたしには①と②の2つの考えが共存できるのですが、なぜかこれが理解できない人達が多く、①を言っているにも関わらず、②を言うと攻撃されるのが凄く理不尽でした。

なぜ彼らはそう極端なのか?

この疑問が、友人との話をきっかけに、少し見えて来たので、わたしの考えを述べたいと思います。端的にいうと、日本と海外のデモの歴史や文化やその認識のされ方の違い、治安や警察に倒する信頼度の違いではないかと思いました。

例えば日本では、1970年代に学生運動が盛んになりましたが、過激に先鋭化した運動家達が山に篭ってリンチ殺人しあい、人質をとって山荘に立て篭り、社会的な悪の象徴になりました。1990年代はオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こし、「反社会的な人達は過激化すると恐ろしい」というイメージがより強くなったと思います。加えて、日本はとても治安がよくて、デモで掠奪されたり放火される事が、他国より非日常的すぎるのだと思います。

2年前にも、デモではなくて、ハロウィンで渋谷に集まった若者達が大騒ぎをしましたが、治安がよろしくない海外なら日常的すぎて逮捕もされないでしょうが、日本では実名公表で見せしめのように逮捕されました。群衆の中で軽トラックを倒したというたったそれだけの事で、まだ若い彼らは、残念ながら、まともに就職もできないでしょうから、社会的に抹殺されたも同然です。しかし日本人は何よりも治安を大事に考える為、もしもデモで略奪や放火などがあれば、それをした方が社会的に制裁を受けるのです。

また、他国では警察とマフィアがズブズブだったり、通報しても助けてくれないとか、捜査もしないとか、警察が腐敗していて信頼度に欠ける面があるのに対し、日本の警視庁は(まんこアートした女はなぜか逮捕はしても)あからさまな腐敗やギャングとの癒着もなく、捜査能力が高く、庶民からの信頼が基本的に高いのも関係してそうです。

70年代の学生運動の失敗や、オウム真理教のテロ行為という負の歴史が根深くありつつ、日頃から治安が良くて警察への信頼も厚く、子供の頃から「他人様に迷惑をかけてはならない」と教えこまれ、掠奪や放火が起きたと聞けば恐ろしい人達だと認識しやすい日本人と、治安が良いとは言えずデモが頻繁な文化の国では、やっぱりデモに対する考え方の前提が違うのではないかと思います。

追記になりますが、米国に住んでいた知人の方の話で気づいた事を書きます。彼女がトイレにお気に入りのポーチを置き忘れて1分も経たない間に盗まれて、それを教師に伝えたところ、「盗む人にも事情がある。あなたも大事な物なら自衛をしっかりしなさい」と逆に説教されたそうです。また、強盗にあって警察を呼んでも、形式で調書はとっても「多分、犯人は捕まらないし、盗品も返ってこない」と言われるそうなのです。米国では、「犯罪する側にも貧困などの様々な事情があるし、被害者にも自衛の責任がある」という考え方の様です。

日本人は「どんなに事情があっても罪は罪」だし、「他人様に迷惑をかけてはならない」し、「犯罪者は悪」という認識が強い為、この米国的な考え方を理解するのは難しいでしょう。

とはいえ、何で彼らはそう思うのかが分からなかった頃よりも、違和感や不快さはなくなりました。「犯罪に対する考え方の違い」なのだから仕方ないと思えますし、だからこそ、どちらが民度が高いとか低いと比べる話でもない事は自明です。

それら違いを踏まえた上で、わたしは改めて、人種差別で黒人が公権力に殺されたことは重大な問題なので、デモには賛成ですが、わたし含め、第三者の財産や生命が不当に危険に曝される状況には反対です。だって、自分のお店や住居が襲撃されたら嫌ですし、それを「小さな犠牲は仕方ないんだ」とか言われたら、今度はそう言った人達やデモをする人達に対してわたしは怒りが芽生えると思います。黒人差別に比べたらどんなに些細なことであっても、誰かが傷付いたり損害を被るのはおかしいし、それがまた新たな憎悪となり、争いや差別はなくなりません。不毛な怒りの連鎖は断ち切るべきです

抗議目的のデモと、略奪行為や放火など(犯罪)は、はっきり分けて考えるべきではないでしょうか。

Black Lives Matterでは、アメリカの国旗を車にひかせるようなデモ行為もありましたが、わたしは、やはり、何かを汚したり踏んづけたり破壊したり焼いたりする表現は苦手だし、好きではありません。表現の自由だから一切止めませんが、わたしは自分の作品でも、憎い相手の警察も、可愛く楽しく表現したいです。

差別は誰の心にもある物なので、根絶は難しいと思いますが、少しでもそれらが減り、世界中の全ての人が平和に楽しく幸せに暮らせる事を願います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中