元ミスiDのアイドルの方にツイートを誤訳された事で、mixed race の人達への差別や、彼らにとっての「外国人」という言葉の重みを改めて考えた事など。

黒人殺人事件への抗議デモ”Black Lives Matter”に、わたしの意見をツイートすると、主に海外在住者の人達から理不尽な批判を受ける。というのは前回のブログに書きました。

繰り返しますが、わたしは、デモには賛成ですが、略奪や暴力行為などの犯罪には反対で、抗議目的のデモと略奪行為や放火など(犯罪)ははっきり分けて考えるべきだと思います。わたしのツイートを極端に解釈する人達のアカウントをざっと眺めたところ、英語のリプライだと、一見、英語圏の(日本人ではない人種で欧米人などの)外国人かな?と思いやすいのですが、彼らは英語が堪能な在外日本人か、ハーフジャパニーズのmixed raceか、日本人ではないが日本に住んだことがある日本文化に馴染みある人達だと気づきました。わたしは、たまに英語の勉強がてら、英文ツイートもするのですが、日本人ではない諸外国(欧米など)の人にはあまり絡まれません。それが英語であっても、彼らにとって、アジア人のわたしのツイートは特に興味がないのでしょう。

結局、わたしのツイートに関心を寄せるのは、英語が堪能な在外日本人かハーフジャパニーズのmixed raceか日本人ではないが日本に住んだことがあるなど日本文化に馴染みのある人達です。(日本人ではない人種で欧米人などの)外国人にとってはアジア人は関心が無いのでしょう。わたし自身、それは仕方のない事だと思います。いくら頑張ってもネイティブのようには話せず片言の英語なら、読む方も楽しくない。わたしも、英語や様々な言語の人のツイートを読もうとしたら、落ち着いて言語を理解せねばならず、気軽に見たいtwitterでは疲れてしまいますので、お互い様です。

その様な事を感じて、こう呟きました。

ところが、これを英語で間違った翻訳をして拡散する人が現れました。

わたしのツイートの「外国の人の意見にはさほど興味がない」という部分を、「わたしにうざい絡み方をしてくる在外日本人かハーフジャパニーズかバイリンガルのこと」だとされ、まるで「彼らは外国人だからわたしの知ったことか!」と言っているかの様に翻訳されたのです。事実は全く逆なのに。

こんな事を言われたら、自分を日本人だと思っているmixed raceの人達が怒りだすわけです。「そんなに興味がない」という部分も「I barely interested in」などにすべきなのに、わざと「I don’t care about」という非常にキツイ英文にされています。I don’t care とは、わたしの親戚の子が悪態をつくときによく使う言葉です。また、彼女はtwitterの日本語翻訳を参考にしたのでしょう。これだと細かいニュアンスがザックリ省略されることが多くてわたしは以前から疑問でした。

とにかく、わたしが言いたかったこととはまるで違う事を言われた上に、その誤訳を何の疑いもなく信じた人々に、次々と絡まれたのは、ショックでした。わたしの息子もハーフジャパニーズ、ハーフスコティッシュのmixed raceで、日本とアイルランド国籍を持っています。当然、息子は「日本人であり、アイルランド人です」。大切な我が子と同じ属性の人を、わたしが差別したりバカにするとしたら、どうかしています

My son is half Japanese and half Scottish. I never discriminate mixed race people you know.Twitter translate is just wrong. I know that mixed race people were deeply hurt by discrimination. 

そこでわたしもこの様に、英文で訂正のお願いを伝えたのですが、

本人は一切訂正することもなく、バカにされるだけでした。また、彼女のツイートに便乗した人にもわたしの夫の事まで誹謗中傷されました。嘘つきと、間違った事を謝らない人が大嫌いなわたしは、怒りで眠れませんでした。

ただ、時間が経つにつれ、少し気づいた事がありました。

この方は、日本で地下アイドルを目指していた愛美奈・デュジャンさんという方で、日本国籍ではないものの、日本に非常に馴染みのある方の様です。詳しい関係者によると、日本にいた時はmixed raceコミュニティにもいたそうなので、mixed raceのフォロワーさんが多いのもうなづけます。

黒人と同じく、アジア人も欧米では差別されます。また同じ日本人同士でも、mixed race  の日本人は日本で差別やいじめにあいます。愛美奈さんがなぜわたしに意地悪をしたかといえば、日本にいた時に「日本人のアイドルの様にしたいのに、見た目などによってあまりそう見てもらえない疎外感」が根底にあったからではないか?と思うと、彼女の苛立ちにも納得することはできます。なぜなら、日本人のアイドルといえば、日本人の9割を占める「アジア人の様な見た目を持つ人」が主流だからです。彼女の仲間や友達であるmixed raceの日本人もまた、「日本人なのに、日本人として見られない疎外感」を強く感じながら生きて来たのではないかと思います。

わたしが自分の息子と同じ属性の人を差別することなどないと、言わなくてもわかるはずだと思っていましたが、わたしはmixed raceではないですし、彼らが日本で受けた「異質な人扱い」への悲しみや怒りは、わたしには計り知れない物だったでしょう。子供時代に日本とアメリカのmixed race の子がいましたが、やっぱりいじめられていました。日本はアジア人の特徴を持つ見た目の人が9割なので、見た目や肌色の違いを個性とは受け取られづらく、目立つ人は、残念ながら日本ではいじめられやすいです。おまけにまんこで逮捕された女の息子です。だから、子育てするなら様々な人種がクラスにいるのが当たり前なアイルランドの方が、わたしも正直、安心です。この様に、日本では安心して息子を育てられないと思ってしまうほど、mixed raceの人へのいじめや差別が厳然とあるのです。

ただそれも、黒人差別は良くない!と言いながら、コロナでアジア人差別する人には無関心な欧米の人達みたいに、軽視されやすい差別なのではないか?と改めてわたしは気づきました。また、両親がともにアジア人顔の日本人から産まれて来たわたしにとって、何でもない「外国人」という言葉が、彼らにとっては非常にセンシティヴな言葉だったのだ、と今更ながら気づきました。

愛美奈さんも、彼女の誤訳をそのまま真に受けてわたしに嫌がらせしてきた人も、過去に「見て欲しい自分を見てもらえないこと」や「常に異国の人」扱いをされ、嫌な思いをしてきたからでは、と思うと、嫌がらせは絶対に良くない事ですが、愛美奈さんが憤りを誰かにぶつけたくなる気持ちも理解することができます。彼女のねっとりとした悪意を受けて、わたしも理不尽な怒りが移ってしまい、暴言を投げそうになりましたが、許す事にしました。

ただこの様に、悲しみや怒りは連鎖するのです。

残念ながら、差別とはわたしにもあなたにも、誰の心にもある物だから、差別を根絶する事はできないと思います。それでも、悲しみや怒りの連鎖は止めたいです。綺麗事ではなく、わたしの息子と同じ様に、彼女が幸せになる事を願います。

最後に、ミスiD2016時代の彼女の動画を載せておきます。楽しそうにお喋りする姿がとても可愛らしい方です。この時の愛美奈さんの笑顔を、世界のアイドルとして、また日本でも見られることが来るのを、わたしは願って止みません。

I wish you all the happiness.Xxx

*追記;この件をtogetterまとめられましたので、掲載します。日本語が異なる意味で世界に伝わってしまう恐怖。~ろくでなし子さんの場合~ – Togetter 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中