グレタさんに関する日本と海外のメディアでの取り上げ方の違いについて思うこと

先日、夫(スコットランド人)と食事の際、環境問題活動家のグレタ・トゥンベリー(Greta Ernman Thunberg)さんについて話したところ、興味深い考察が出来たので記しておきます。

夫は親グレタ派。そんな夫に、わたしが「グレタさんの無駄に喧嘩腰な態度や、地球環境改善を主張しているのに中国の環境破壊については問題にしないところがおかしい」と延べると、夫はその様な事実は全く知らなくて驚きました。
疑問に感じて英文記事を検索したところ、否定的な記事はだいたいアジア諸国。
欧米の記事の大半はグレタさんに好意的で、中国の件などマイナスな話はあまり書かれていません
(もちろん否定的な記事はあっても、非常に少ない)。

これは一体どう言う事か?何を信じたら良いのか?
そこで、わたしの弁護団の先生でもあり、バイリンガルで社会情勢にも詳しい、無駄に感じが悪い弁護士にご意見を伺ったところ、

「欧米ではグレタさんに批判的な記事を書くとポリコレ棒で叩かれるから、未開のアジア諸国の方が表現の自由があるのでは(個人の感想です)。」

との事。
日本のネットニュースでは、グレタさんが怒っている表情の写真をよく使うのが意地悪に感じていましたが、欧米の持ち上げぶりも気味が悪いです。
メディアが故意に隠したり、あるいは誇張していると分かると、何を信じれば良いかわからなくなりますが、結局のところ、「どちらも真実」なのでしょう
お陰で、グレタさんに対するわたしの気持ちも一旦フラットになり、今は否定も肯定もしていません。

また、グレタさんが中国批判をしないのは、「アジア差別だ!」とポリコレ棒で叩かれない為なの?と思いきや、無駄に感じが悪い弁護士曰く、

「いや、お金の為だと思う。グレタさん本人ではなく周りの大人が中国資本に関係があるのかも。中国とビジネスしたい企業は多いし、特に欧州は伝統的に中国と組んでロシアを牽制する発想が強い。何かあっても中国は遠いから彼らには怖くない(個人の感想です)。」

なるほど、世界の企業は中国資本と関係したい、中国とビジネスしたいのだ、と考えると、なぜアメリカのTIME誌が、投票では圧倒的に香港のデモが多かったのに、グレタさんを2019年の今年の人に選んだのかも合点がいきます。「あくまでも個人の感想を基にした憶測」ではありますが、中国は確かに経済力がありますからね。
わたしは、アメリカや欧州のリベラルを称するメディアは常に公平、という信仰がなぜか強かったのですが、TIME誌の件でも、あまり過信してはいけないと思いました。
夫も「BBCも間違う」と言っている。そういえば、NHKの報道も何かおかしいのはしょっちゅうでした。リベラルって、何でしょうね。。。

ちなみに、我が家は、喩えて言うなら、夫の思想には日本のいわゆるリベラル左派や表現規制派に近いものを感じますが、わたしは表現の自由主義。
ある事例について意見の違いはしょっちゅうでも、そんな事では喧嘩しませんし、お互い言いたい事を言い合って家庭内多様性を実現しています
この件を twitterで呟いたところ、「わたしの気持ちは一旦フラットになれたし、今はグレタさんを否定も肯定もしていない」のに、「100%グレタさんを応援しないと許すまじ!」な人達(あるいはその逆も)が湧いて来るのですが、そう言う態度こそ、最も多様性からかけ離れていますよ(^-^)

20191211atG9S_p

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中